記事カテゴリ

未来のかけはし国民年金(国民年金制度の概要)

メニュー

 

 

確認しましょう! あなたはどの加入者(被保険者)?

日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は全員国民年金に加入し保険料を納めることになっています。加入のしかたは、職業などによって3種類にわかれており、それぞれの加入の手続きや保険料の納め方が異なります。どのグループに該当するか確認し忘れずに加入手続きをしましょう!

第1号被保険者

  • 自営業者とその配偶者、学生、アルバイトや無職で20歳以上60歳未満の人
  • 届出先は 市役所国保年金課へ
  • 日本年金機構から送付された納付書で、金融機関等で納付します。※納付に関するお問い合わせは年金事務所

第2号被保険者

  • 厚生年金や共済組合に加入している会社員・公務員などで20歳以上65歳未満の人
  • 届出先は 勤務先へ
  • 厚生年金等の保険料を納めていますので、新たに国民年金保険料を納める必要はありません。加入している厚生年金等が必要な額を拠出金としてまとめて拠出します。

第3号被保険

  • 第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人
  • 届出先は 配偶者の勤務先へ
  • 第3号被保険者に該当すると、配偶者の加入している年金制度がまとめて拠出します。ただし、配偶者の保険料から第3号被保険者の保険料が天引きされているわけではありません。

 

第3号被保険者の届出を忘れていませんか? 

 

希望すれば任意加入できる人

  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方で 
    ・老齢基礎年金を受けるために必要な受給資格期間(原則10年)が足りない人 
    ・受給資格はあるが年金額を満額に近づけたい人
  • 海外に住んでいる日本人で20歳以上65歳未満の人
  • 昭和40年4月1日以前生まれで受給資格期間が不足している人は70歳まで加入できる特例があります。 
    (※老齢基礎年金の受給資格期間を満たす人は65歳以上の任意加入はできません。)

▽お問い合わせ先

 

「ねんきん定期便」「ねんきんネット」で年金記録を確認しましょう!

 国民年金と厚生年金に加入している方の年金記録を正しいものにするため、毎年誕生月に日本年金機構より「ねんきん定期便」が送付されます。 
 ご自分の年金記録等を確認されて、「もれ」や「誤り」がある場合、または、不明な点がある場合には、「ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル」や会津若松年金事務所へお問い合わせください。 
 なお、ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤルでは、「年金記録」や「納付記録」を郵送でお取り寄せすることもできます。

 

ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル

  • 電話:0570-058-555
  • 月曜日~金曜日:午前9時~午後7時
  • 第2土曜日:午前9時~午後5時
  • ※IP電話・PHSからはTEL.03-6700-1144へ
    ※祝日及び年末年始はご利用いただけません。

 

ねんきんネット

 

年金記録がない場合は

 年金の記録が間違っていると思われる方は、厚生労働省に対して「年金記録の訂正手続」をすることができます。(請求期限はありません。過去の記録であっても請求することができます。)
窓口は全国の年金事務所になりますので、お近くの会津若松年金事務所にご相談ください。なお、厚生労働省ホームページ、日本年金機構ホームページでも情報を提供しています。

△トップ メニュー

▽お問い合わせ先

 

国民年金保険料

 国民年金保険料は20歳から60歳になるまでの40年間納めます。 
 老齢基礎年金を受けるためには、保険料を納めた期間(免除期間などを含む)等が最低10年以上必要です。

国民年金保険料

  • 月額16,410円 (令和元年度)
  • 月額16,340円 (平成30年度)
  • 月額16,490円 (平成29年度)

 

納付窓口

  • 全国の銀行・信用金庫・信用組合
  • 労働金庫・農業協同組合・漁業協同組合
  • コンビニエンスストア(一部取り扱っていないところもあります。)

 

口座振替が便利です

  • 口座振替にすると、保険料を納めに行く手間が省けるばかりか納め忘れから年金が受けられなくなることもありませんので、とても便利で確実です。
  • 口座振替のお申込みは
  • 申込み用紙は金融機関に用意してありますので、 
    (1)預・貯金通帳  (2)通帳印 (3)基礎年金番号のわかるもの 
    をお持ちのうえ、「口座振替納付(変更)申出書」に必要事項を記入してお申込みください。
  • 口座振替早割制度(当月分当月末引落し) 
    通常は「当月分保険料を翌月末引落し」ですが、この早割制度を利用すれば、月額50円割引されます。
  • 口座振替による前納はもっとお得です。 
    口座振替による2年分、1年分及び上期6ヶ月分(4月~9月)は 2月末まで、また、下期6ヶ月分(10月分~翌年3月分)は8月末までに、「口座振替納付(変更)申出書」を金融機関にご提出ください。 
    【令和元年度の割引額】 
    ・2年分の口座振替前納・・・15,760円割引 
    ・12ヶ月分の口座振替前納・・・4,130円割引
    ・ 6ヶ月分の口座振替前納・・・1,120円割引
  • 口座振替手続き完了後、「国民年金保険料口座振替開始 (変更)のお知らせ」が日本年金機構より郵送されますの で、ご確認ください。
  • ※口座振替による納付以外に、クレジットカードによる納付も可能です。詳しくはお問い合わせください。

▽お問い合わせ先

保険料を納めることが困難なときは・・・

免除・納付猶予・学生納付特例は、未納のままよりも有利!

  • 免除、納付猶予、学生納付特例の承認期間は、老後や万一のときの年金を受給するための資格期間に含まれます。
    なお、免除承認期間は保険料を全額納付した場合と比べて減額となりますが、免除の種類(一部・全部)に応じて一部納付額や国庫負担に見合う割合で年金額に反映されます。
    (※一部免除は一部納付が必須。納付猶予・学生納付特例の承認期間は資格期間に含まれますが、年金額の計算には反映されません。)

 

1、国民年金保険料免除申請

  • 本人と配偶者及び世帯主の前年所得が一定額以下の場合、申請手続きをすることにより、その期間の保険料の全額または一部(3/4・半額・1/4)が免除されます。
    なお、一部免除については、一部納付額が未納の場合、一部免除も無効(未納と同じ)になります。
    ※退職(失業)された方は、お問い合わせください。
  • 申請対象期間は2年1ヶ月前の月~令和2年6月(新年度分は7月より受付可)

 

2、納付猶予申請

  • 50歳未満の方には、本人と配偶者の前年の所得が一定額以下の場合、申請手続きをすることにより、保険料の納付が猶予される制度があります。この制度は、所得の高い世帯主(主に親など)と同居している場合にも利用できます。
    ※退職(失業)された方は、お問い合わせください。
  • 申請対象期間は2年1ヶ月前の月~令和2年6月(新年度分は7月より受付可)
    ※平成28年6月以前の期間の申請の場合は、30歳未満の方が対象となります。

 

3、学生納付特例申請

  • 学生本人の前年所得が一定額以下であれば、申請手続きをすることにより、保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。
    ※学生証(コピー可)又は在学証明書が必要です。
    ※退職(失業)された方は、お問い合わせください。
  • 学生の期間は、一般の免除申請や納付猶予申請ではなく、学生納付特例の申請が優先されます(※学生納付特例に該当する方は1および2の申請はできません)
  • 申請対象期間は2年1ヶ月前の月~令和2年3月(新年度分は4月より受付可)

 

免除・猶予・学特の承認を受けるためには、 原則として毎年申請が必要です

  • 免除・納付猶予・学生納付特例の申請結果については、後日、日本年金機構より通知されます。

 

追納・・・年金事務所で追納の申出を!

  • 追納とは、免除(全部・一部)・納付猶予・学生納付特例の承認を受けた期間の保険料を10年以内に古い期間から順に納めることができる制度です。
    追納した期間は、通常に納付した場合と同様に老齢基礎年金の額の計算がされます。
    3年度目以降に追納する場合は、当時の保険料に加算金がつきますのでお早めの追納をおすすめします。

 

平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除となります

  • 国民年金第1号被保険者について産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。
  • 免除期間は、出産予定日(出産日)の属する月の前月(多胎の場合は3か月前)から出産予定月(出産日)の翌々月までです。
  • 届出ができるのは、出産日が平成31年2月1日以降の方が対象になります。
  • 届出は平成31年4月から、市役所国保年金課または会津若松年金事務所になります。
  • 申請期間については、妊娠の事実が確認できれば過去に遡って申請できます。
  • 申請に必要なもの・・・基礎年金番号(もしくはマイナンバー)がわかるもの、身分証明書、出産予定日(出産日)がわかるもの、印鑑等

△トップ メニュー

▽お問い合わせ先

 

日本年金機構では、収納業務を外部委託しています!

 

現金を詐取する不審な電話や訪問者にご注意ください!!

  • 日本年金機構及び日本年金機構から委託を受けた民間業者は、手数料と称して現金をお預かりしたり、銀行口座を指定してATMの操作により振り込みをお願いすることはありません。また、戸別訪問による現金領収も行っておりませんのでご注意ください。

 

こんな年金が受けられます

老齢基礎年金

  • 老齢基礎年金 年金額(平成31年4月~年額)
    満額で780,100円
  • ※この金額は20歳から60歳までの40年間保険料を納めた場合です。保険料の免除や未納がある場合は、その期間に応じて減額されることになります。
  • 老齢基礎年金を受給するためには・・・次の(1)~(5)の合計が原則として10年以上あることが必要です。
    (1)国民年金の保険料を納めた期間
    (2)保険料免除期間や学生納付特例期間・納付猶予期間
    (3)厚生年金・共済組合の期間
    (4)第3号被保険者の期間
    (5)任意加入できる方が、任意加入しなった期間(カラ期間※)など
    ※カラ期間について、詳しくはお問合せください。
  • ライフプランに応じて繰上げ支給・繰下げ支給
    老齢基礎年金の受給開始は原則として65歳ですが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に減額された繰上げ支給を、また66歳以降に増額された繰下げ支給の老齢基礎年金を受けることもできます。いったん受け始めると、支給率は一生変わりません。

 

  請求時の年齢 昭和16年4月2日以降生まれの人




60歳 70%
61歳 76%
62歳 82%
63歳 88%
64歳 94%
  65歳 100%




66歳 108.4%
67歳 116.8%
68歳 125.2%
69歳. 133.6%.
70歳~

142%

※昭和16年4月1日以前に生まれた方の支給率は、別の規定が適用されます。

  • 年金の請求忘れはありませんか?
    自分は老齢年金はもらえないと思われている方でも、カラ期間や基礎年金番号の以外に番号 をもっていて未統合になっている場合等があれば、受給資格を満たす場合もありますので、一度、年金事務所へご相談ください。年金をもらうには、必ず請求手続きを行う必要がありますので、今一度、お忘れがないかご確認ください。

 

障害基礎年金

  • 国民年金の加入中(もしくは加入をやめた後でも60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいること)や20歳前に初診日のある病気やけがで、政令で定められた1級・2級の障がいの状態になった人が受けられる年金です。
    ◎子の人数に応じて加算があります。
  • 障害基礎年金 年金額(平成31年4月~ 年額)
    975,125円(1級)
    780,100円(2級)

遺族基礎年金

  • 国民年金の加入者や老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある人が亡くなったときに、その人に生計を維持されていた子のいる配偶者、または子が受けられる年金です。
    ◎子の人数に応じて加算があります。
  • 年金額(平成31年4月~ 年額)
    1,004,600円 (子が1人いる配偶者の場合)
  • 障害基礎年金・遺族基礎年金における「子」について
    ※「子」とは、18歳になって最初の年度末までの子、又は20歳未満で障がいのある子のことです。
 

△トップ メニュー

▽お問い合わせ先

 

第1号被保険者の独自給付

付加年金

  • 定額の保険料に月額400円の付加保険料を上乗せして納めると、将来の年金額に付加年金が加算されます。
    より多くの年金を受けたい人におすすめします。
    ※免除等を承認されている方や国民年金基金に加入されている方は加入できません。
  • 年金額に付加保険料納付月数×200円の金額が年額に毎年上乗せされます。
  • 国民年金基金
    付加年金と同時に加入することはできませんが、第1号被保険者の方が加入できる公的な年金制度です。
    ※詳しくは、福島県国民年金基金 フリーダイヤル0120-65-4192 へ直接お問い合わせください。

 

死亡一時金

  • 第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、何の年金も受けずに亡くなり、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。
    ※死亡一時金と寡婦年金の両方が受けられる時は選択となります。
  • 支給額は保険料納付期間によって違います。

 

寡婦年金

  •  第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上ある夫(婚姻関係10年以上)が年金(障害基礎年金や老齢基礎年金を含む)を受けないで死亡したとき、その妻に60歳から65歳になるまで支給されます。
  • 支給額は夫が受けることとなっていた老齢基礎年金の額の4分の3です。
 

△トップ メニュー

▽お問い合わせ先

 

こんなときは届け出を

加入中に被保険者の種別が変更になったり、受給中に変更が生じたりした場合などは届出が必要です。 
届け出の必要が生じたら14日以内に必ず届け出てください。

  こんなとき 必要なものなど 手続き先






20歳になったとき
(厚生年金・共済組合の加入者と扶養されている配偶者を除く)

印鑑・日本年金機構より送付される資格取得届

(マイナンバーがわかるもの)

市役所国保年金課

又は、

会津若松年金事務所
退職したときや転職して自営業になったとき 
(扶養している配偶者がいるときは一緒に届出が必要です。)
本人(配偶者)のマイナンバーがわかるもの、もしくは年金手帳・厚生年金資格喪失証明書(離職した日がわかる証明書)・印鑑
免除・納付猶予・学生納付特例の申請
(転入や退職(失業)された方は、お問い合わせください。)
申請者の年金手帳・印鑑 
※学生納付特例制度を希望される方は、学生証(コピー可) 又は在学証明書も必要です。
※詳しくは、お問い合わせください。
国民年金を受けようとするとき ※詳しくは、年金事務所へお問い合わせください。
死亡したとき
(死亡一時金、遺族基礎年金等が請求できる場合があります。)




誕生日がきたとき ※年金受給権者現況届 会津若松年金事務所

※共済年金受給者は、共済組合へお問い合わせください。
氏名を変えたとき 年金受給権者 氏名変更届
年金の受け取り先を変えるとき 年金受給権者 受取機関変更届
年金証書をなくしたとき 年金証書再交付申請書
死亡したとき 未支給年金請求書等 
※詳しくは、お問い合わせください。

※住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を活用することにより、日本年金機構で住民票コードが確認できた方から現況届が不要 となりました。 
所得状況の確認が必要な障害基礎年金を受給している人は、今までどおり市役所国保年金課に現況届を提出します。

△トップ メニュー

▽お問い合わせ先

 

日本年金機構より送付される主な通知書のご案内

通知書名 送付時期 お問い合わせ先
年金振込通知書 毎年6月上旬頃

ねんきんダイヤル

電話番号 0570‐05‐1165

公的年金等の源泉徴収票 毎年1月下旬頃
公的年金等の受給者の扶養親族等申告書 毎年11月上旬~中旬頃(平成31年度は9月中旬~順次発送予定)
(※老齢年金の年金額が65歳未満の方は108万円以上、65歳以上の方は158万円以上となる方)
社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
※年末調整や確定申告に添付するものです。
毎年11月初旬頃
(※今年10月1日以降に初めて国民年金保険料を納付された方は翌年の2月上旬頃)
会津若松年金事務所

△トップ メニュー

 

国民年金に関する相談・お問い合わせは

お問い合わせには、「基礎年金番号」がわかる年金手帳や基礎年金番号通知書、納付書などをご用意ください。

日本年金機構会津若松年金事務所

  • 平日:午前8時30分~午後5時15分
    週初の開所日:午前8時30分~午後7時
    毎月第2土曜日:午前9時30分~午後4時
  • 電話:0242-27-5321
  • ◎年金受給に関する来訪相談は、まずご予約を 【予約受付専用電話】0570-05-4890 ※050から始まる電話でおかけになる場合は03-6631-7521
    ◎年金受給に関する電話相談は、ねんきんダイヤルへ 【ねんきんダイヤル】0570-05-1165 ※050から始まる電話でおかけになる場合は03-6700-1165
  • (※年金相談は予約がお勧めです)                         
  • 日本年金機構ホームページ 

 

会津若松市役所国保年金課窓口グループ

  • 月~金: 午前8時30分~午後5時(祝祭日を除く)
  • 電話:0242-39-1249
  • ◎加入者(第1号保険者)の届出について
    ◎免除申請などについて
  • お問い合わせフォーム

△トップ メニュー

地図

会津若松市役所国保年金課(本庁舎1階南側奥)