記事カテゴリ

自立支援医療(更生医療・育成医療)

自立支援医療(更生医療・育成医療)

障がい程度の軽減、除去または進行を防ぎ、職業更生・日常生活の向上を図るための公費による医療給付制度です。
 

対象者等

○満18歳以上で身体障害者手帳を所持している方(更生医療)
○満18歳未満で身体障害者手帳を所持している方、または現存する疾患が放置すると将来障がいを残すと認められる方(育成医療)
上記の対象者で次の治療などを受ける方
 腎臓 血液透析(HD)や連続腹膜透析(CAPD) 等
 心臓 ペースメーカー植込み術 等
 肢体不自由 股関節・膝関節の手術 等
 その他 免疫療法 等
 

自立支援医療機関の指定

   自立支援医療を受けることができるのは、自立支援医療機関として福島県の指定を受けた医療機関に限ります。
 

費用負担

総医療費の1割が自己負担となります。ただし、世帯の収入等により月額負担上限が設けられます。
 ※ 月額負担上限の算定にあたり、寡婦控除等のみなし適用の対象となります。詳しくは、「寡婦控除等みなし適用」を実施します のサイトを確認ください。
 

申請に必要なもの

○指定医療機関による意見書
○お持ちの身体障害者手帳(※所持している方のみ)
○健康保険証
○障害年金・遺族年金を受給している場合、年金額の分かる年金証書や振込通知書等
○特定疾病療養受給者証(※人工透析、免疫療法の方の場合のみ)
○印鑑
〇申請者、申請者と同一保険の被保険者全員(被扶養者は不要)のマイナンバーの分かる書類(個人番号カード、通知カードなど)
〇申請に来られる方の身元確認ができる証明書等(運転免許等)

〇代理申請の場合、代理権の確認できる手帳、委任状等

 

※申請書は下記よりダウンロードできます。 
 

手続窓口

  障がい者支援課(更生医療)、こども家庭課(育成医療)
 

お問い合わせ