記事カテゴリ

令和2年 春の全国交通安全運動の実施について

1 目的

 本運動は、広く市民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけるとともに、市民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とする。

 

2 期間

 令和2年4月6日(月曜日)から令和2年4月15日(水曜日)までの10日間

 

3 運動のスローガン

「スマホより 横断歩道の 僕を見て」

 

年間スローガン

「みんながね ルール守れば ほら笑顔」

 

4 運動の重点

重点1 子供を始めとする歩行者の安全の確保

家庭・地域では

  • 信号を守り、道路を横断する際は無理な横断をしないこと、近くに横断歩道がある場合は必ず横断歩道を渡ることを家族ぐるみで実践しましょう。
  • 道路を横断する際は、左右の安全を十分確認し、近づく車が見えたら無理に渡らず、通り過ぎるのを待って横断しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出する際は、運転者が発見しやすいように、衣服や持ち物などに夜光反射材用品を取り付けましょう。
  • 通学路等、子供や高齢者が日常的に移動する経路での見守り活動に協力しましょう。

運転者は

  • 子供や高齢歩行者・電動車いす利用者等を見かけたら減速し、確実に安全を確認するなど、思いやりの気持ちを持って運転しましょう。
  • 交差点では、横断歩道に歩行者がいることをよく確認してから右折・左折しましょう。
  • 横断歩道を横断しようとする歩行者がいたら、停止することは交通ルールです。必ず停止してください。

 

重点2 高齢運転者等の安全運転の励行

家庭では

  • 加齢等に伴い運転に不安が生じる高齢者と、運転免許証の自主返納について話し合いましょう。
  • 成長する子供の体格にあったチャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう。
  • 高速バスや貸切バスに乗る際にシートベルトを着用しましょう。

運転者は

  • 運転前に、後部座席に乗る人もシートベルトを着用したことを確認してから出発しましょう。
  • 高齢運転者は、サポーカー等を活用した参加・体験・実践型の交通安全教室に積極的に参加し、自己の運動・運転能力の変化に応じた安全運転を行いましょう。
  • 無理な車線変更や追い越しはやめましょう。「あおり運転」を受けたら、駐車場などの安全な場所に避難し、ドアに鍵をかけて車内から警察に通報してください。
  • 夕暮れ時の早めのライト点灯、原則上向きライトと、ライトのこまめな切替えを実践し、歩行者や自転車等との衝突事故を防止しましょう。

職場では

  • 朝礼や打合わせの際、飲酒運転・「あおり運転」・「ながら運転」をさせないよう指導を徹底しましょう。
  • 飲酒を伴う会合等では、車を持ち込まないようにしましょう。やむを得ず持ち込む場合は、予めハンドルキーパー(運転者)を決めておくなど、絶対に飲酒運転をしないようにしましょう。

 

重点3 自転車の安全利用の推進

自転車の運転者は

  • 「福島県自転車安全利用五則」を守りましょう。
  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルール・マナーを守る
  5. 被害軽減のためヘルメット着用に努める
  • 自転車も車両です。歩行者や他の通行車両に注意するとともに、歩道等を通行する際は、歩行者保護を徹底しましょう。
  • 自転車利用者も交通事故の加害者になることがあるため、被害者救済のため損害賠償保険に加入しましょう。

 

スマホ等の「ながら運転」はやめましょう

 運転しながらのスマートフォン等の注視・通話や、カーナビゲーション装置等の注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながり得る極めて危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

 

県民総ぐるみで「3つの守り」を心がけ、交通事故を防止しましょう

1 ルールを守る

  • 横断歩行者保護の徹底
  • 歩行者に対する横断方法等の交通ルール遵守

2 マナーを守る

  • 思いやりの気持ちを持ったゆずりあい運転の実践

3 命を守る

  • 関係機関・団体と連携した子供と高齢者被害の防止のための総合的な対策の推進

 

お問い合わせ