記事カテゴリ

エコ事業所「会津オリンパス株式会社様」(平成30年交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰)

平成30年交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰を受賞されました

 あいづわかまつエコ事業所の会津オリンパス株式会社様が、平成30年交通関係環境保全優良事業者等大臣表彰を受賞されました。

 会津オリンパス株式会社様では、バス事業者と協議し通勤路線のバスの増便を実現するとともに、公共交通機関への通勤手段の転換を促進するため、社内制度でエコ通勤対象エリアを設けるなど、環境保全に関する活動を積極的に取り組んでいます。なお、取組の詳細は、以下の「会津オリンパス株式会社様の取組」をご覧ください。

 また、市政だより9月1日号の「従業員が紹介します 環境にやさしい取り組み」でも取組を紹介しています。

 

市政だより(平成30年9月1日号)掲載記事はこちら(12ページをご覧ください。)

 

表彰式の様子(国土交通大臣より賞状を授与されました)

 

表彰状授与.JPG 賞状JPG
 
 

 エコ事業所 「会津オリンパス株式会社 様」 の取組

  ご担当の高木様、瓜生様にお話を伺いました。
 

担当.JPG

(左から 高木様、瓜生様)

       御礼.png
 

 

 ◎ 会津オリンパス株式会社 様のホームページは こちら
 

わが社のポイント!

 

いいもりん(顔).PNG

会津若松市環境PR大使」のいいもりんです。

会津オリンパス株式会社の皆様、環境にやさしい事業所づくりに取り組んでくださり、ありがとうございます!

さまざまな取り組みをしていらっしゃいますが、いくつか教えていただけますか?

 会津オリンパス株式会社では、1998年に環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得し、現在まで更新しています。環境に調和する技術や事業活動を通して、環境保全に貢献する「環境リーディングカンパニー」を目指しています。

 その取り組みの一環として、、従業員のバス通勤を推進しています。通勤時のマイカーなどの使用自粛を促し、二酸化炭素の排出を抑制しようという取り組みです。指定のバス停から半径1キロメートル以内に自宅がある従業員は、原則バス通勤としています。

 こうした取り組みが認められ、福島県で初めて、「エコ通勤優良事業所」の認証をいただくことができました。

4_バス通勤.JPG

(現在は約400名がバス通勤しています)

 

いいもりん(顔).PNG

朝夕の交通渋滞の緩和にもつながりますね!

バスの手配には費用もかかるので、なかなかハードルの高い取り組みだと思いますが、継続して取り組まれていて素晴らしいですね。

ところで、社屋も環境に配慮された設計になっているのですね。


 はい、2016年に新社屋も完成しましたが、次の設備を導入しています。

  • 太陽光発電システム(屋上、壁面)
  • 太陽光集熱(屋上、給湯の熱源として)
  • 冷水蓄熱塔(夜間に冷水を貯めて、昼間の冷房に使います)
  • クール・ヒートトレンチ(地中熱を使った冷暖房の省エネ)
  • BEMS(ベムス、建物全体の省エネ制御)

A棟太陽光集熱.JPG

(太陽光集熱パネル)

蓄熱塔_太陽光パネル(壁面).jpg

(冷水蓄熱塔と壁面の太陽光発電パネル)

 

15喜び顔.PNG
こんなにたくさんの省エネ・再エネ設備があるなんてびっくりです!
エントランスに、省エネ・再エネ設備の模型やモニターが展示してあって、とても分かりやすいですね。

 他にも、年2回ほど事業所周辺の清掃をしたり、従業員の家族も参加して阿賀川周辺のゴミ拾いを行っています。また、毎年、環境フェスタに出展し、環境保全の取り組みについて、市民の皆様にお知らせしています。  

環フェス.JPG
(環境フェスタ 子どもたちに大人気!)
 

その他の環境への取り組みについて

 

いいもりん(顔).PNG

さまざまな取り組みをしていらっしゃいますね。!

 

  そうですね。他にも、以下の取り組みを行っています。

  • 全従業員を対象とした環境教育の実施
  • 煮沸濃縮装置による廃液の減量化
  • 「通い箱」や出荷時の簡易包装による段ボール使用量の削減
  • グリーン購入ガイドラインに基づいた物品購入
  • 物流拠点の設置など、物流の効率化によるエネルギー使用量の削減
  • 低公害車の導入

 

 これからも、環境への取り組みを継続してください。よろしくお願いいたします!
15喜び顔.PNG
 

 

こんなことに取り組んでいます(エコ事業所チェックシートより)

  「あいづわかまつエコ事業所」として、以下のことに取り組んでおられます。

 ステップ1     ごみの分別を徹底し、減量を図ります
マイバッグを推進し、簡易包装などを積極的に行います
グリーン購入に努めます
地域の清掃活動に積極的に参加します
従業員に環境に関する研修を実施します
ステップ2       食品の残さや廃食用油のリサイクルを推進します
事業所の断熱化や照明の高効率化(LED照明の導入など)を進めます
再生資源物の利用に努めます
低公害車の導入に努めます
従業員に公共交通機関や自転車での通勤を呼びかけます

敷地内の緑化を進め、景観に調和した建物や看板を整備します

リスクコミュニケーションなどを進めて、周辺住民との良好な関係を築きます

ステップ3        開発する際は、自然環境保全や野生生物の生育環境に配慮します
物流システムの効率化を図ります
製品の耐久性の向上や補修により、製品の長寿命化に努めます
環境マネジメントシステムの構築を進め、省エネ型の経営を推進します
太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーの導入を推進します
BEMSなどの導入に努め、エネルギーの使用を高効率化します
環境保全の取り組みについて、積極的に情報公開します
環境フェスタなどの環境関連のイベントに参加・協力します
 

お問い合わせ

お問い合わせ

環境生活課
電話:0242-39-1221