記事カテゴリ

年末年始の宴会で実践!3010(さんまるいちまる)運動について

 令和元年5月に「食品ロスの削減の推進に関する法律」が公布されました。この中で、地方公共団体、事業者、消費者の責務が示されており、関係者相互の連携及び協力が求められています。

 本市では、一般廃棄物処理基本計画のごみ減量化施策の一つとして「食品ロス」の削減を掲げております。
年末年始の宴会などでは、食べ残しを防止する「3010運動」に、ぜひご協力及び実践ください。

 

3010(さんまるいちまる)運動とは

 3010運動は、宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーンで、以下の呼びかけにより、食品ロスを削減するものです。

 職場や知人との宴会から始めていただき、一人ひとりが「もったいない」を心がけ、楽しく美味しく宴会を楽しみましょう。

 また、年末年始のみではなく、日頃から食品ロスを減らす、3キリ運動(食材の使いキリ、食品の食べキリ、生ごみの水キリ)にも取り組んでおりますので、各家庭でもご協力をお願いします。

  • 注文の際に適量を注文しましょう。

  • 乾杯後30分間(適宜調整)は席を立たずに料理を楽しみましょう。
  • お開き10分前(適宜調整)になったら、自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

 

関連サイト

 

お問い合わせ