記事カテゴリ

福島県、JR東日本仙台支社と包括連携協定を締結しました

  福島県と会津若松市、JR東日本仙台支社は、情報共有や意見交換に努め、関係施策等について緊密に連携し協力することで、会津地域の観光振興等を図り、相互の持続的な発展を目指すことを目的とし、「会津若松駅前広場の整備等を起点とした会津地域の観光振興等に関する包括連携協定」を締結しました。

 

 協定締結式

 

日時

   平成31年3月25日(月)午後4時から

場所

   会津若松ワシントンホテル

出席者

  福島県副知事 畠 利行 様

  東日本旅客鉄道株式会社 執行役員仙台支社長 坂井 究 様

  会津若松市長 室井 照平

連携事項

  ・会津若松駅前広場の整備等を通じたまちづくりの推進に関すること。

  ・公共交通利用の推進に関すること。

  ・観光振興に関すること。

  ・防災・災害対策の推進に関すること。

  ・その他、会津地域の振興等に関すること。

資料

   協定書(571KB)

  主な連携の取り組み(82KB)

 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市 企画政策部 企画調整課
  • 電話番号:0242-39-1201
  • ファックス番号:0242-39-1400
  • メール