記事カテゴリ

2019年春の全国交通安全運動の実施について

1 目的

 本運動は、広く市民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけるとともに、市民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とする。

 

2 期間

 2019年5月11日(土曜日)から2019年5月20日(月曜日)までの10日間

 

3 運動のスローガン

「とび出さない いったんとまって みぎひだり」

 

年間スローガン

「みんながね ルール守れば ほら笑顔」

 

4 運動の重点

重点1 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

子供と高齢者の交通事故を防ぐには

○運転者は

  • 子供や高齢者をみかけたら速度を落とし、「目配り」「気配り」「ゆずりあい」「思いやり」のある運転に努めましょう。特に、横断歩道などで歩行者などが渡ろうとしている場合は、必ず一時停止をして、その通行を妨げないようにし、歩行者保護を徹底しましょう。
  • 通学路や生活道路などでは、歩行者や自転車の飛び出しなどに注意し、スピードを落として安全運転をしましょう。
  • 同乗者には、必ずシートベルトやチャイルドシートを正しく着用させ、安全運転に努めましょう。

○歩行者は

  • 道路を横断する際は、近くの横断歩道を渡るようにしましょう。また、横断する前に、左右の安全を十分確認し、近づく車が見えたら無理に渡らずに通りすぎるのを待って横断しましょう。
  • 夕暮れ時や夜間に外出する際には、明るい目立つ色の服装や夜光反射材などを活用しましょう。

○地域では

  • 安全確保を図りながら子供や高齢者の保護・誘導活動を積極的に行い、地域全体で交通弱者を守る意識を高めましょう。
  • 道路を横断するときには急な飛び出しをしないよう「止まる・見る・待つ」の正しい道路横断方法を身に付け、実践しましょう。

 

高齢運転者の交通事故を防ぐには

  • 高齢運転者は、前方や周囲を十分に確認するなど安全運転を徹底しましょう。また、アクセルとブレーキを踏み間違える高齢者が多いので、焦らず、落ち着いて操作をするようにしましょう。
  • 参加・体験・実践型の交通安全教室などに積極的に参加し、加齢などに伴う身体機能の変化が及ぼす影響を認識し、安全運転を行いましょう。
  • 70歳以上の方は、「高齢者マーク」を車に表示しましょう。
  • 運転に不安を感じたり、自信がなくなったという方は、家族などと話し合って運転免許証の自主返納について考えましょう。

 

重点2 自転車の安全利用の推進(特に、福島県自転車安全利用五則の周知徹底)

自転車の交通事故を防ぐには

  • 自転車利用者は、「福島県自転車安全利用五則」を守りましょう。

○自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルール・マナーを守る
  5. 被害軽減のためヘルメット着用に努める
  • 自転車が「車両」であることを認識し、自転車の通行方法(車道が原則、車道は左側を通行など)を遵守するとともに、歩道通行時における歩行者優先を徹底しましょう。
  • 自転車の点検整備を行うとともに、自転車も加害者になることがあるので、被害者救済に資する損害賠償責任保険などに加入しましょう。
  • 自転車を利用する高齢者には、積極的に声をかけて、自転車の安全利用を呼びかけましょう。

 

自転車運転者講習制度について

 3年以内に2回以上「危険行為」をくり返すと、有料で講習を受けるよう県公安委員会から命令があります。

 講習の受講命令に違反した場合には、5万円以下の罰金が科せられます。

 

重点3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

シートベルトはみんなの命綱

 昨年の四輪車乗車中の交通事故死者は37人(前年比8人増)で、12人はシートベルトを着用していませんでした。

 うち6人は着用していれば救命効果があったと思われます。

 また、シートベルト着用状況の全国調査で、本県の一般道における後部座席同乗者の着用率は50.7%で、全国平均より高いものの、約半数が後部座席でシートベルトを着用していないことが分かりました。

チャイルドシートの正しい着用の徹底

 幼児の年齢が上がるにしたがい、チャイルドシートの使用が減少傾向にあります。交通事故から大切な子供の命を守るため、体格にあったチャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう。

 

重点4 飲酒運転の根絶

飲酒運転を防止するには

  • 「飲んだら乗らない、乗るなら飲まない。」を徹底し、飲酒運転を根絶しましょう。
  • 飲酒を伴う会合などでは、車を持ち込まないようにしましょう。
  • 「ハンドルキーパー運動」を推進しましょう。
  • 職場ではアルコール検知器を活用して、二日酔い運転を防止しましょう。
  • 自転車も「車両」であることを認識し、飲酒後は乗らないことを徹底しましょう。
  • 飲酒後に運転代行を利用する際は、ルールを守って利用しましょう。

 

 「ふくしま”交通事故防止3つの守り”」2019

「ふくしま”交通事故防止3つの守り”」をキャッチフレーズに、交通事故防止を心掛けましょう。

マナーを守る

交通マナーを守り、ゆずりあい、思いやりなどの気持ちをもって、安全運転に努める。

ルールを守る

シートベルト全席着用や歩行者保護の徹底など、交通ルールを遵守する。

命を守る

県民の命を守る

ふくしま交通事故防止3つの守り2019ポスター(341KB)

 

 

お問い合わせ