記事カテゴリ

65歳以上のワクチン接種予約専用ダイヤルにつながらない場合は

現在のワクチン接種の予約状況について

5月10日(月曜日)から65歳以上の市民の方へ新型コロナウイルス感染症のワクチン接種予約が始まり、5月26日時点で27,482人の予約を受け付けました。

予約開始3週目に入っても、依然としてつながりにくい状況となっておりますが、リダイヤルを続ければ、多くても10数回繰り返すと、必ずつながる程度に落ち着いてきています。しかし、コールセンターの発信音を勘違いして切ってしまうケースやリダイヤルの操作方法が分からずにつながりにくい状況があるようです。

このことから、5月24日(月曜日)から、市内で未予約者が多い地区を中心に、広報車で巡回するなどして、70名の方のワクチン予約の補助を行いました。

また市内の各種医療機関のご協力のもと、、1日に接種できる体制を、強化するなどの対応を随時行うなど、接種を希望される皆さんが安心して接種できる環境を整えています。

 

電話予約のポイント

自動アナウンスはつながる場合とつながらない場合で2つのアナウンスが流れます。

  • 「ツー・ツー・ツー」もしくは、「ただいま電話が混み合っております。しばらくたってからおかけ直しください。」と流れる場合

この2つの場合は、電話が予約専用ダイヤルにつながっていないため、かけ直してください。

 

  • 「会津若松市コロナワクチンコールセンターでございます。只今電話が混み合っております。まことに恐れ入りますが、このままお待ちいただくか、しばらくたってからお掛け直しいただきますようお願いいたします。」と流れる場合

 この自動音声が流れた場合、順番待ちの状態です。このままお待ちいただければ、コールセンターが応答しますので、電話を切らずにお待ちください。

 

【注意】予約専用ダイヤルにつながった場合でも電話が切れてしまうことがあります。

まれに、コール中のままお待ちいただく際に自動で電話が切れることがあります。電話機の不具合や回線不良、お使いの電話の設定などが原因として考えられます。
その場合は、お手数ですが再度かけ直してください。
なお、つながったにも関わらず、応答せずにこちらから電話を切ることはありません。

 

予約補助サービスを実施しています

予約補助サービスの内容について

なかなか電話がつながらない方を対象に市役所、各市民センター、公民館、関係団体、関係機関などで予約補助サービスを実施しています。

サービスの内容は、上記「電話予約のポイント」をもとに、予約専用ダイヤルへの電話のかけ方やリダイヤルのかけ方、つながった時のアナウンスの内容、申込方法の説明などを行っています。

なお、個別に支援が必要な場合は個別相談にも応じています。

 

詳細はお近くの市役所、各市民センター、公民館、地域包括支援センターなどへお問い合わせください。

 

お問い合わせ