記事カテゴリ

PM4ライトオン運動

 例年、秋口から冬季にかけては、日没時間が早まるため交通事故が増加し、特に午後4時から午後7時の時間帯は横断歩行者や自転車利用者等が被害者となる重大事故が多発する傾向にあります。

 また、日没前後は、下校、買い物、退社等により交通量が増加する時間帯であることに加え、視認性が低下して周囲の状況が確認しにくくなります。

 このような状況下で車両を安全に運転するためには、自車の存在をいち早く周囲に知らせるほか、交通の危険を早期に発見して回避することが大切です。

 このため、これからの時期の交通事故防止対策として、ドライバーの皆さんは、午後4時を目安とした早めのライト点灯を心がけましょう。

 歩行者や自転車を運転する皆さんは、夜光反射材用品を着用しましょう。

 

1 運動期間

令和2年11月1日(日曜日)から令和3年2月28日(日曜日)まで

 

2 運動内容

午後4時を目安に早めのライトを点灯しましょう。

 ドライバーは、薄暮時にライトを早めに点灯することで、車両の存在を周囲の車両や歩行者に知らせることができ、交通事故の防止に大変有効です。

 ライト点灯により、歩行者は車が近づいてくることを早く発見できるようになります。

 

対向車や先行車がいない状況でのライトの上向き点灯と、こまめな上下切替えを励行しましょう。

 車のライトは、対向車や前方を走行する車両がいないときは、「上向き」(ハイビーム)を使用しましょう。

 ライトの「上下切替え」をこまめに行い、歩行者や自転車を早めに発見し、交通事故を防止しましょう。

 

歩行者等は夜光反射材用品、懐中電灯等を活用しましょう

 夜光反射材用品は、車の前照灯に反射して、自分の存在をドライバーに知らせることができます。

 歩行者等は、明るい目立つ色の衣類を着用し、履物や携行品等へ夜光反射材用品を取り付け、懐中電灯等も活用しましょう。

 

PM4ライトオン運動チラシ.pdf(543KB)

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 危機管理課 交通防犯グループ
  • 電話番号:0242-39-1227
  • ファックス番号:0242-26-6435
  • お問い合わせフォーム