記事カテゴリ

記事カテゴリ 商工・農林業 のコンテンツ。

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果について

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果についてお知らせいたします。 現在、会津若松市産の農産物は摂取および出荷を差し控える対象とはなっていません。 なお、野生きのこの出荷等についての詳細は、 出荷用野生きのこのモニタリング結果の最新情報等 をご参照ください。 ...

制度融資に係る信用保証料補助制度

中小企業未来資金保証融資制度信用保証料補助金交付制度 制度概要 補助対象者  中小企業未来資金保証融資制度による融資を受けた中小企業者 補助内容  福島県信用保証協会に納付した信用保証料の全額(1,000円未満は切り捨て)を補助  ただし、令和4年3月31日までに融資を受けた方に限ります。   必要書類 ...

ふくしま産業復興投資促進特区について(税制優遇措置)

 1.東日本大震災特別区域法(以下「復興特区法」) 復興特区法とは、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生に資することを目的として平成23年12月26日に施行されました。 東日本大震災により一定の被害が生じた県及び市町村は、国が策定する基本方針に基づき、復興推進計画を作成し、内閣総理大臣に申請し、認定を受けることができます。 ...

市融資制度

※令和2年4月1日より、新型コロナウィルス対策のため会津若松市中小企業未来資金保証融資制度の融資限度額、据置期間を拡充しており、令和3年4月1日からは運転資金の融資期間を7年以内から10年以内に変更いたします。 制度名 会津若松市中小企業未来資金保証融資制度 対象企業 ...

令和2年度の会津若松米粉ネット イベント・活動紹介

令和2年度(第6回)米粉料理コンテストを開催しました  家庭での会津産米粉の利用拡大を目指し、米粉料理コンテストを開催しました。今回も10代から60代まで幅広い年齢の皆さんから、アイディア溢れる様々な米粉料理のご応募をいただきました。コンテストは、第1次審査(書類審査)を経て、令和2年12月19日に第2次審査(試食審査)を実施し、下記のとおり受賞作品を決定しました。 ...

会津町方伝承館について

会津町方伝承館 会津町方伝承館は、会津の伝統産業や伝統工芸にふれあえる施設です。 2階はギャラリースペースとなっており、趣向をこらした展示会などが随時行われていますので、 お気軽においでください。   会津町方伝承館からのお知らせ 令和2年5月28日より営業を再開しております。 ...

米粉の消費拡大に取り組んでいます

米粉ってなに?  米粉とは、文字通りお米を粉にした食材です。  米の消費量が減少している現在、米粉を使った米粉製品の開発・消費による米の消費拡大が期待されています。また、平成29年5月25日には日本初の全国規模の組織となる「日本米粉協会」が設立され、全国的に米粉の利活用促進が求められています。 ...

会津地酒市を開催します

鶴ケ城で会津清酒を販売します 会津地酒市 とき…令和3年4月17日(土)午前10時から午後5時 ところ…鶴ケ城帯郭 内容…会津清酒のカップ酒や4合瓶の販売※会津地酒市限定のパッケージでの販売もあり 特典…カップ酒3本または4合瓶1本を購入した場合は、会津漆器の盃をプレゼント 主催…会津清酒消費拡大推進協議会   ...

【あいづ食の陣】 2020夏のテーマ食材は“トマト” 参加店舗を募集します!

会津産トマトを使った料理の提供や販売する店舗を募集します!   会津の豊かな農産物を活用した飲食メニュー等を提供することで「会津の食」の魅力の向上を図り、またその情報を積極的に発信することで誘客増加に繋げることを目的とした「あいづ食の陣」を開催しています。 このたび、2021年7月から9月に開催します「あいづ食の陣・夏(トマト)」の参加店舗を募集します。 ...

会津若松市産農産物の販売促進チラシについて

販売促進チラシをご利用ください ○緊急時モニタリング検査の結果、基準値を下回っていることが確認された会津若松市産農産物の販売促進チラシを作成しましたので、ご利用ください。 ○今後も緊急時モニタリング検査が実施され、基準値を下回っていることが確認された農産物については、販売促進チラシを掲載していきます。   販売促進チラシ一覧(令和3年4月1日現在) ...

商店街や事業協同組合等に対する支援制度

  会津若松市では、商店街や事業協同組合等の活性化を図ることを目的として、空き店舗への出店やイベント開催等に対する支援を行っています。 支援メニュー 支援の名称 支援の内容 商店街施設設置事業補助金 商店街の環境整備を図るため共同施設等を設置する場合、費用の一部を補助します。 ...

鳥獣被害防止総合支援事業がはじまります

鳥獣被害防止総合支援事業について  令和2年度まで実施していた、会津若松市鳥獣被害防止総合支援モデル事業は、令和3年度より、電気柵購入支援事業と統合されて、 鳥獣被害防止総合支援事業 となることに伴い、モデル事業の取り扱いが、 広域被害対策支援 となります。また、併せて、電気柵購入支援事業は 個別被害対策支援 に変更となります。 ...

人・農地プランについて

  人・農地プランとは、その名のとおり、集落や地域の「人」と「農地」の問題を解決するための「将来の設計図」です。   高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、農業の展望が描けない集落が増えていることから、集落における農業を持続的に維持・発展させていくために、課題や将来像を共有するために作成するものです。課題を抱える全国の地域で、プラン作成が進められています。   ...

会津若松市中小企業・小規模企業未来会議

本市では、平成31年3月に中小企業振興条例を改正し、同年4月から中小企業及び小規模企業振興条例を施行しました。 中小企業及び小規模企業振興条例については、 こちら   これに伴い、本市の中小・小規模企業の振興を図っていくに当たり、関係者が一堂に会して協議する場として、中小企業・小規模企業未来会議を開催しています。 概要 構成メンバーとその役割 ...

ICTオフィス環境整備事業 -ICT関連産業の集積-

 本事業は、スマートシティ会津若松の取組みの一環として、首都圏などのICT関連企業が機能移転できる受け皿としてオフィス環境を整備し、ICT関連企業の集積により、首都圏からの新たな人の流れと雇用の場の創出、若年層の地元定着など定住、交流人口の増加を図り、地域活力の維持発展に資するものであります。   「スマートシティAiCT」が開所しました ...

【あいづ食の陣】 春です!会津アスパラが美味しい季節です!

春の会津若松でアスパラを  「会津人が胸をはって美味しいといえる食材を、旬の時期に味わってほしい」との願いを込めて立ち上げた食の一大イベント「あいづ食の陣」。  4月1日より6月30日までのテーマ食材は「アスパラガス」です。   ...

春の緑化運動について

グリーンスクール   施設見学や林業体験を通して緑の大切さを学びませんか とき  4月から10月までの各月1回(全6回開催予定) ※8月は開催しません ※月曜日から金曜日の日中に開催 ※初回は4月27日(火)に開催予定 開催時間  午前8時30分から午後3時(半日または一日) 定員  10名 参加費用  1,500円 申込期間 ...

「あいづ食の陣」広報物デザイン等作成業務委託プロポーザル(公募)について

 市内の飲食店や宿泊施設等が開発・販売している地元産農畜産物をメインとした商品及び会津産農畜産物の魅力や良食味を発信することで、会津産農畜産物のブランド化を推進し、会津産農畜産物の生産振興とブランド化による地域活性化を図る「あいづ食の陣」の取り組みをPRするために、あいづ食の陣実行委員会事務局が発行する広報物の、効果的なデザイン等の作成を行う受託候補者を募集します。   ...

農業委員会

 農業委員会は農業・農業者の利益を代表する公的機関として、「農業委員会等に関する法律」に基づいて設置されている行政委員会です。 各種許可申請・届出の審査基準及び標準処理期間については、農業委員会事務局にお問い合わせください。   目次 クリックするとジャンプします。 農業委員会について 農業委員会とは ...

あいづ呑んべぇ文化支援プロジェクト事業(※3月10日で終了しました)

  新型コロナウイルス感染症に伴う飲食店の営業自粛などにより、お客様が減少した夜の街なかの活気を取り戻すことなどを目的として、お得な3つの事業を開催しています。(※3月10日で終了しました。多くの方に参加いただき、ありがとうございました。)    【主催】あいづ呑んべぇ文化支援プロジェクト実行委員会 ...