記事カテゴリ

記事カテゴリ 震災関連 のコンテンツ。

給食食材検査結果を公表しています

 児童及び保護者等への更なる安心確保を目的に、給食に使用する食材について、調理前々日までに食品放射線測定器にて測定し、検査結果の情報提供を行います。   給食に使用する食材の放射性物質の検査結果 学校給食に使用する食材の放射性物質の検査結果(187KB 保育施設給食に使用する食材の放射性物質の検査結果(120KB)   ...

【現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため実施を見合わせております】内部被ばく線量の測定ができます

 平成23 年3 月の 福島第一原子力発電所の事故後、各地で放射性物質による様々な影響が心配されていました。こうした皆さんの不安を解消するため、県 ホールボディ・カウンター搭載車両による内部被ばく検査が実施されています。 ...

原子力損害賠償に関する相談窓口

東京電力による相談窓口 東京電力福島原子力補償相談室 (会津若松市インター西52(会津アピオ内)) 受付時間 : 月曜日から金曜日 9:00~17:00(事前予約制) 予約受付電話 : 0120-996-546(土日、祝日を除く前々日の17時まで)   東京電力福島原子力補償相談室(コールセンター) 受付時間 : 平日...

放射線Q&A19:川などの泥に放射性セシウムがあると聞くが影響はないの?

Q19:川やため池の泥に高濃度で放射性セシウムがあると聞いていますが、今後影響はないのですか?   回答   放射性セシウムは、福島原発事故時にガスやちりの状態で大気中に放出され、雨や雪に洗い落とされて地上に沈着しましたが、その最初の状態では大半が溶解性(水に溶ける)だったと推定されています。 ...

自家消費農作物などの放射能スクリーニング検査を行っています

 東日本大震災による原子力発電所の事故以来、各地で放射能による食品などへの影響が心配されています。本市で栽培されている農作物などについては、健康には影響のないものとされていますが、不安の声も聞かれます。  ...

黙とうをささげるサイレンを鳴らします

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から9年が経過します。 犠牲者の方々に哀悼の意をささげるため、市役所本庁舎のサイレンを鳴らします。 サイレンに合わせて黙とうをささげましょう。   とき 令和2年3月11日(月)午後2時46分 ※1分間   お問い合わせ 会津若松市役所 危機管理課 ...

会津若松市の環境放射線についてお知らせします

NEW!環境放射線測定値を更新しました!(3月15日測定値)   目次 会津若松市の放射線 現在の環境放射線測定値 毎月の環境放射線測定値 これまでの環境放射線測定値 詳細調査 市立幼稚園、小中学校、都市公園等の放射線測定値 ...

個人積算線量計(電子式線量計)を貸し出します

  福島第一原子力発電所の事故に伴う、放射能の影響による不安解消や将来にわたる健康管理を目的に、電子式線量計の貸出を行っております。 なお、令和元年12月2日より申し込み、貸出、返却窓口を健康増進課のみに縮小いたしますので、ご注意ください。   電子式積算線量計と放射線量の測定に関する基礎知識 ...

被災者生活再建支援金

 自然災害により居住する住宅に被害があった世帯に対し、被害状況や再建方法に応じて支援金を支給し、生活の再建を支援する制度です。   対象世帯 住宅が全壊した世帯(全壊) 住宅が半壊、または住宅の敷地に被害が生じ、やむを得ずその住宅のすべてを解体した世帯(半壊解体) ...

「食と放射能に関する説明会」への参加者を募集しています!

 福島第一原子力発電所事故から8年が経ちました。  安全・安心な生活を送るためには、正しい情報、知識を持つことが大切です。  食と放射能についての最新情報を学び、不安や疑問を解決しませんか?  参加費は無料です。みなさんお気軽にご参加ください。   食と放射能に関する説明会 チラシ(5MB) 食と放射能に関する説明会...

放射線量の詳細調査結果をお知らせします。

引き続き放射線量は安全なレベルです (NEW!令和元年10月1日更新)    本市では、平成24年から毎年、市内約235ヶ所で放射線量の詳細調査を行っています。     今年の5月から7月に行った放射線量詳細調査の結果から、本市の放射線量が引き続き安全なレベルであることが確認できました。  ...

自家消費農作物等の放射能検査 過去の検査結果

【結果を確認する際の注意点】 本検査は、1キログラム当たり100ベクレル(Bq)の基準値超過の確認が主目的であり、販売目的等の安全を証明するものではありません。 一部から検出限界値を超える放射能が検出されており、また、わずかですが一般食品の基準値(100Bq/kg)を超える放射能が検出されたものもあります。(自家栽培のきのこや自生している山菜など市場に流通していないもの)...

花と緑の課ホームページ ~都市公園環境放射線量測定結果~

市内の都市公園や都市緑地など約70箇所の環境放射線量を、年に2回測定しています。ここでは、その結果をお知らせします。   測定は、各公園の4隅と中央の5点の、地上高50センチメートルと1メートルで行い、その平均値を掲載しています。 ...

住まいの復興給付金制度

 国では、東日本大震災の被災者が、消費税率引上げ後に住宅再建(建築・購入・補修)をする場合に、負担増加に対応するための措置として新たに「住まいの復興給付金」制度を創設し、平成26年4月1日から申請受付を開始いたしました。  制度の内容、申請方法、申請書類に関しては、下記の住まいの復興給付金ホームページ、又は、住まいの復興給付金事務局コールセンターでご確認ください。 ...

放射線測定器を貸し出しています!

 自宅周辺の放射線量を詳しく測定したい等の目的に活用いただけるよう、市では簡易型放射線測定器を貸出しています。   貸し出しの対象 (1)市内の町内会・自治会 (2)市内に住所がある人、事業者    貸し出し・返却について ...

出荷・販売用の野生山菜・たけのこ等のモニタリング調査結果について

 野生の山菜・たけのこ等を採取して出荷・販売される生産者の皆様は、下記の方法により、毎年採取した市町村毎に県のモニタリング調査を行い、安全が確認された品目のみ出荷・販売が可能です。    ※未調査の品目は出荷・販売できませんので、調査へのご協力をお願いいたします。   出荷制限の状況及び県のモニタリング調査結果の確認方法 ...

下水浄化工場における下水汚泥の放射性物質の検査結果について

これまでの経過 平成23年5月1日 福島県災害対策本部より県中浄化センターの下水汚泥の放射性物質の調査結果が発表 平成23年5月3日 福島県災害対策本部による下水浄化工場の脱水汚泥の検査を実施 平成23年5月12日 国の原子力災害対策本部より「福島県内下水処理副次産物の当面の取り扱いに関する考え方について」が示され、10万ベクレル/kg以下の放射性濃...

県民健康調査について

  県では、福島第一原子力発電所の事故に伴う、放射能の影響による不安解消や将来にわたる健康の維持・増進を図ることを目的に、「県民健康調査」を実施しています。   この調査には、健康管理の基礎データとなる「基本調査」と健康状態を把握するための「健康診査」「甲状腺検査」「妊産婦に関する調査」などがあります。  調査の詳しい内容については、下記をご覧ください。 ...

中間貯蔵施設への輸送が完了しました。(除染土壌の搬出は完了しました)

 平成29年2月27日から始まった環境省による除染土壌の中間貯蔵施設への輸送は3月16日で無事完了し、会津若松市の学校等に保管されていた除染土壌等はすべて中間貯蔵施設への搬出を完了しました。お知らせしてきたように、積み込み場(下水浄化工場)の敷地境界で、放射線量が土壌搬入以前の値を超えることはありませんでした。なお、年度末までは積み込み場で後片付け等の作業を行います。 ...

水道事業における放射性物質のモニタリング結果

本市水道事業に関する放射性物質の状況についてお知らせします。 これまで、水道水中の放射性物質の最新の情報は、緊急情報掲示板に優先的に掲載していましたが、放射性物質が水道水からは1年以上検出されていないことから、このページに優先的に掲載することになりました。 ...