記事カテゴリ

記事カテゴリ 防災広報 のコンテンツ。

「がんばれ!会津若松市消防団員」サポート事業

会津若松市では、消防団員だけのお得なサービスが受けられる、消防団員サポート事業を実施しています。 登録事業所をご紹介しますので、消防団員の皆さんはぜひご利用ください。 消防団員サポート事業とは  この事業は、日頃私たちの安全安心を守ってくれている消防団員を応援したいという趣旨に賛同するサポート事業所が各種の優遇サービスによって団員の活動を支援し、 ...

防災広報 避難所と避難場所の連絡先

「避難所」は、被災者の住居に対する危険の予想される場合や住宅の損壊等により生活の場が失われたときに、一時的な生活の場所として、市が提供する仮宿泊施設であり、原則的に小学校・中学校がその場所となりますが、状況によっては他の施設も利用することになります。 ※ 災害の種類(地震、水害等)・規模や程度により、開設場所・時期を決定します。 ...

台風にご注意ください

非常に強い台風第24号は、9月30日から10月1日にかけて本州に上陸をする予定です。 会津若松市においても9月30日から10月1日にかけて大雨・暴風となるおそれがあります。 今後の情報については、テレビやラジオ等において、最新の情報を入手してください。 また、以下の内容をご覧いただき、台風に備えてください。   風水害への対処法 ...

平成30年度 秋季検閲

地域の安全を守る、会津若松市消防団およそ1,000名の団員と20台の消防車両が一堂に会し、勇壮な分列行進や、機材等の点検を行うなど、日頃の訓練の成果を披露します。 とき 平成30年10月21日(日) 午前8時から ※雨天時は検閲式のみ実施し、分列行進は中止します。 ところ 検閲式:第一中学校校庭(午前8時から) 分列行進:第一中学校 →...

幼年消防クラブ防火パレードが開催されます

平成30年度秋の全国火災予防運動の一環として、幼年消防クラブ員による防火パレードを実施します。 開催概要 とき  平成30年10月10日(水) 午前11時から正午まで ※雨天決行 タイムスケジュール 11時00分 【出発式】 1.市長あいさつ ...

防災意識アンケートにご協力ください。

会津若松市では、「自助(自分の身を守る)・共助(地域住民同士で身を守る)・公助(警察、消防、市役所等)の連携による災害被害の少ないまち」を目指し、災害対策の事業に取り組んでいます。 今後の防災対策の参考とするため、市民の皆様へのアンケートを実施いたします。   お手数ですが、ご協力をお願いいたします。   アンケートへのリンク ...

防災広報 土のう(土嚢)の配備

 市では、出水時期を迎え下記の場所に土のう(土嚢)を配備しました。  この土のうは、市民の皆様が水害に備え自主防衛していただくために配備したものです。必要があれば、自由に持っていっていただいて結構です。  また、町内会単位で自主防災目的のため、土のうが必要であれば下記までご連絡ください。  ※使用した土のうの維持・処分については、使用者が適正に行ってください。   ...

避難の種類と避難行動

水害や土砂災害の危険高まった際に、市から発令される避難情報の種類となります。 災害発生の恐れがあると感じた場合は、早めの避難を心がけていただくよう、お願いいたします。   特別警報について   気象庁は、気象警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、 「特別警報」...

梅雨期及び台風期に発生する山地災害等への備えについて

災害への備えについて   近年、極めて突発的に山地災害等が発生する場合が増えています。 そのため、避難勧告等が発令されていない状況であっても、自分自身が危険であると判断した際には、躊躇せず避難するようにしてください。   また、梅雨時期及び台風期を迎えるにあたり、再度山地災害等への備えを確認してみてください。  ...

「シェイクアウトふくしま」(県下一斉安全確保行動訓練)の実施について

福島県では、地震発生時に真っ先に行うべき安全確保行動を学び、身につける機会として、県下一斉安全確保行動訓練「シェイクアウトふくしま」を実施します。 この機会に、地震から身を守る行動を確認しましょう。 なお、この訓練は昨年度(平成30年2月16日)も実施されており、今回が2度目となります。   「シェイクアウト訓練」とは? ...

会津若松市地域防災計画

地域防災計画は、今後の本市の防災対策方針をまとめたものです。 近年全国各地で発生している局地的な水害や土砂災害などの状況、少子高齢化や地域コミュニティの希薄化などの社会背景を踏まえ、本計画の見直しを随時行っております。 現在、公開しているものは、平成30年3月に見直しを行った内容となっております。 会津若松市地域防災計画 ...

7月29日の「平成30年度会津若松市総合防災訓練」は中止になりました

 7月29日(日)に予定されていた「平成30年度会津若松市総合防災訓練」は、台風12号の本州上陸が見込まれる状況となっているため、その影響を考慮し、中止いたします。  これまでの準備等にご協力をいただいた皆様や訓練への参加を予定されていた皆様には、大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。   総合防災訓練の概要 ※中止です 日時 ...

消防団協力事業所表示制度

 消防団協力事業所表示制度とは、事業所の消防団活動への協力が社会貢献として広く認められると同時に、事業所の協力を通じて、地域防災体制がより一層充実されることを目的とした制度です。  消防団協力事業所として認められた事業所は、取得した表示証を社屋に表示でき、表示証のマークを自社ホームページなどで広く公表することができます。 協力事業所のメリット   ...

弾道ミサイル落下時の行動について

  昨今の北朝鮮の情勢を鑑み、内閣官房が作成している国民保護ポータルサイトにて、弾道ミサイル落下時の行動について公開されております。 Jアラートからの情報を入手した際には、以下の資料のとおりに落ち着いて行動してください。 弾道ミサイル落下時の行動について(平成30年4月版) 弾道ミサイル落下時の行動について(平成30年4月版)(877KB) ...

家庭用防災カルテ・ハザードマップ

家庭用防災カルテは、今後の本市の防災対策方針をまとめた「会津若松市地域防災計画」を基に、特に市民の皆さんに関係の深い項目について概要をまとめたものです。 ハザードマップは、これまで配布していた河川洪水の浸水想定情報に加え、土砂災害に関する情報や避難所・避難場所、さらに災害時に役立つ情報サイトなどをまとめたものです。 ...

会津若松市災害時業務継続計画を策定しました

平成23年3月に発生した東日本大震災や平成28年4月に発生した熊本地震をはじめとし、近年はこれまでの想定を超える大規模災害が日本各地で発生しており、災害発生時に市役所が果たす役割は非常に大きくなります。 しかし、大規模災害の発生時には、市役所も被災することが想定されます。 ...

会津若松市災害時要配慮者支援プラン(全体計画)を策定しました。

 災害発生時又は発生の恐れがあるとき、自分自身を守るための情報収集及び自力避難が困難である等、災害時の一連の行動に対して支援を必要とする人を災害から守るため、地域や防災関係機関、福祉関係機関等と連携して、要配慮者に対する防災・避難体制の整備、支援策の充実を図ることを目的として、 「会津若松市災害時要配慮者プラン(全体計画)」を 策定 しました。   計画の内容 ...

山火事に注意しましょう

「小さな火 大きな森を 破壊する」(平成30年全国山火事予防運動統一標語)  会津若松市の面積の約55%は森林であり、森林は木材の供給のみならず、国土と自然環境の保全や水資源のかん養などの重要な役割を果たしています。  春先は、空気が乾燥し強い季節風が吹き山火事が発生しやすいため、山の手入れや山菜採り等で立ち入る機会も増えますので、次の点にご注意ください。 ...

防災広報 防災情報入手先リンク集

1.気象情報 福島地方気象台 ホームページアドレス  http://www.jma-net.go.jp/fukushima/ 国土交通省 XバンドMPレーダ雨量観測 「XRAIN(エックスレイン)」 http://www.river.go.jp/xbandradar/ 気象庁 高解像度降水ナウキャスト ...