記事カテゴリ

記事カテゴリ 下水道 のコンテンツ。

会津都市計画下水道事業の変更計画書の縦覧のお知らせについて

 都市計画法(昭和43年法律第100号)第62条第2項の規定により、会津都市計画下水道事業の変更認可に係る図書を下記のとおり縦覧します。   縦覧期間   令和2年12月1日(火)から 縦覧場所   会津若松市神指町大字黒川字石上33番地の2   会津若松市上下水道局 下水道施設課内     お問い合わせ ...

下水浄化工場における下水汚泥の放射性物質の検査結果について

これまでの経過 平成23年5月1日 福島県災害対策本部より県中浄化センターの下水汚泥の放射性物質の調査結果が発表 平成23年5月3日 福島県災害対策本部による下水浄化工場の脱水汚泥の検査を実施 平成23年5月12日 ...

下水道のしくみ

水がきれいになるまで みなさんの家から流れでた汚水(台所・トイレ・フロなどからの排水)は、 地下にうめられた下水道管を流れ、やがて下水浄化工場にたどりつきます。 下水浄化工場では、微生物の力を使い、水をきれいにします。 きれいになった水は、大川(阿賀川)に流されます。   下水浄化工場の流入水と放流水の汚れの比較 (令和2年9月の平均値) ...

公認排水設備工事業者一覧

 会津若松市で公認している排水設備工事業者一覧です。 宅内排水設備工事はこちらに掲載されている公認業者以外は工事できません。 令和2年10月19日現在で118社の登録があります。 PDF形式をご希望の方はこちら 会津若松市公認排水設備工事業者一覧表.pdf(109KB) からダウンロードして下さい。   市内工事業者(所在地別50音順) ...

「マンホールカード」の配布を再開します!

  新型コロナウィルスの感染拡大防止を図るため、マンホールカードの配布を一時中止しておりましたが、令和2年6月19日(金)より配布を再開します。なお、来庁される際にはマスクの着用をお願いいたします。  全国には各自治体により歴史や観光名所、地元のスポーツチームやマスコット、ゆかりの深いアニメキャラクターなど様々なマンホールのデザインがあります。 ...

浄化槽を正しく使用しましょう

  私たちの暮らしの中で使用した水の排水を「生活排水」と言います。 生活排水は住宅から側溝や水路に放流され、小さな川から大きな川(阿賀野川や阿武隈川)を経て海(日本海や太平洋)に注がれます。 きれいな水環境を守るためには、生活排水をきれいにしてから放流する必要があります。 ...

水洗便所改造資金融資あっせん制度をご利用下さい

制度の概要     市では、既設住宅の排水設備工事にかかる費用の融資をあっせんしています。融資限度額は、一般住宅で100万円。アパート等集合住宅で400万円(1戸あたり80万円)で、貸付利息は市が全額負担します。償還方法は、借りた月の翌月から80ヶ月以内の元金均等分割になります。また、一般住宅については、便所以外の水回り改修工事にも利用可能です。 ...

合併浄化槽について

浄化槽の設置届 浄化槽を設置したり、構造、規模を変更しようとするときは、工事の着手前に所定の手続きをしなければなりません。   1  新築・増築の場合 (建築確認申請を伴う場合)   建築確認申請といっしょに必要書類を付けて、建築主事の確認を受けます。   2  トイレの改造のみの場合 (建築確認申請を伴わない場合) ...

法定検査(浄化槽法7条及び11条)について

   法定検査は、保守点検や清掃の実施状況の確認を含め、正常な機能を発揮し放流水質の技術上の基準を守られているかについて、浄化槽の状態を総合的に確認し、浄化槽の健康診断となる検査で福島県知事が指定する浄化槽指定検査機関(公益社団法人 福島県浄化槽協会)が行います。※浄化槽法7条検査は初回のみ、翌年以降に浄化槽法11条検査を毎年1回行なわなくてはなりません。 ...

浄化槽設置届

浄化槽設置届    浄化槽を設置したり、構造、規模を変更しようとするときは、工事の着手前に所定の手続きをしなければなりません。   新築・増築の場合(建築確認申請を伴う場合) 建築確認申請といっしょに必要書類を付けて、建築主事の確認を受けます。 トイレの改造のみの場合(建築確認申請を伴わない場合) ...

清掃(浄化槽法10条)について

   浄化槽の清掃は会津若松市の許可を受けた清掃業者が行うことができます。浄化槽の設置場所(住所)により許可業者が異なります。(例として旧河東町区域の業者は旧会津若松市や旧北会津村区域の清掃は許可されておりません。)清掃の依頼につきましては、担当区域の業者へ直接依頼していただくか、もしくは委託している保守点検業者経由で清掃を依頼することもできます。   ...

下水道課ホームページ

お知らせ 「マンホールカード」を配布します! 下水道出前講座をご利用ください 有害物質等の流出事故防止について   下水道ってなあに? 下水道の役割 下水道のしくみ   下水道(浄化槽)整備事業 公共下水道事業 農業集落排水事業 ...

合併処理浄化槽をお使いの方へ

   現在の合併処理浄化槽は適正な管理を行なうことによって、その処理能力は下水道と遜色のないものとなっております。しかしながら、その性能は浄化槽法に基づく「保守点検」「清掃」「法定検査」を行なうことで維持されますので、使用し続ける限り浄化槽法に基づく適切な管理を行ってください。   公共下水道や農業集落排水事業が利用できる方へ会津若松市からのお願い ...

単独処理浄化槽をお使いの方へ

  単独処理浄化槽とはトイレの汚水のみを処理する浄化槽です。単独処理浄化槽を使用する建物では、台所や風呂、洗濯の排水が未処理のまま側溝等へ放流され、公共用水域の水質悪化を招く原因の一つとされています。単独処理浄化槽から合併処理浄化槽や公共下水道等への切り替えをお願いいたします。   公共下水道や農業集落排水処理施設が利用できる方へ ...

下水道使用上の注意

下水道はみんなの施設です。ルールを守って大切に使いましょう。   本市の下水道は、汚水管に汚水だけを流す分流式です。雨水は汚水管に流せません。 油類、固形物(ビニール類、布など)は下水道に流さないでください。管が詰まります。(油を流し続けた結果、下水道本管が詰まったことがあります。) ...

下水道マンホールのふた

最初に使ったマンホールふた    昭和57年から下水道使用が開始されたましたが、その当時に使ったマンホールふたは耐磨耗性やスリップ防止を考慮しレイアウトされ現在も使用されています。 最初に使われたマンホールふた(1) 最初に使われたマンホールふた(2)   昭和63年度から使っているマンホールふた ...

保守点検(浄化槽法10条)について

    私たちの暮らしの中で使用した水の排水を「生活排水」と言います。 生活排水は住宅から側溝や水路に放流され、小さな川から大きな川(阿賀野川や阿武隈川)を経て海(日本海や太平洋)に注がれます。 きれいな水環境を守るためには、生活排水をきれいにしてから放流する必要があります。 ...

下水道に関する費用について

道路の下に下水道管を埋めるための費用 木の幹と枝のように、下水道にも幹と枝があります。みなさんの家の排水を集める管が枝線で、それを集めて流す管が幹線です。 一部の区域では、幹線が直接排水を集めているところもあります。 幹線を整備するときは、国・県補助金、地方債(市の借金)、一般会計繰入金により整備されます。 ...

下水道の役割

下水道の目的 きれいなまち (環境改善)        家庭や工場から出る汚水をきれいにするので、汚いドブ川がなくなり、蚊やハエの発生も抑制されます。   美しい自然 (水質保全)      川に生活排水が流れないため、湯川にアユも住めるようになります。   ...