記事カテゴリ

記事カテゴリ 国民健康保険 のコンテンツ。

医療費のお知らせ

 会津若松市国民健康保険に加入されている世帯へ、「医療費のお知らせ」をお送りしています。  これは、被保険者の皆様に健康と医療費に対する認識を深めていただくとともに、医療機関等からの誤った請求の抑止や、保険証の不正利用の防止を目的として、受診された方の医療費の総額等をお知らせするものです。   「医療費のお知らせ」の概要 発送対象 ...

令和2年度「スマホdeドック」のご案内

健康づくり事業の一環として自宅でできる血液検査サービス「スマホdeドック」を実施しています。 生活習慣病は自覚症状がなくすすみます。 毎年検診を受診し、自分の体の状態をチェックしましょう。 スマホdeドックの紹介ページへ   ※40歳以上の会津若松市国民健康保険加入の方は、特定健康診査を受診することができます。 特定健康診査のページへ ...

国民健康保険特別会計の令和元年度決算の概要

国民健康保険特別会計の令和元年度決算を報告します 医療費が増加しています 国民健康保険制度は、国民皆保険を将来にわたって維持していくため、平成30年度から制度改正が行われました。 ...

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

 これまでは国民健康保険被保険者の方が医療機関を受診する際には、国民健康保険被保険者証(以下、「保険証」)を提示する必要がありましたが、令和3年3月からは保険証を忘れた場合でもマイナンバーカードを提示することにより、医療機関で保険証の資格確認が可能となり、受診することができるようになります。 ...

令和2年度特定健康診査のご案内

 特定健康診査とは、生活習慣病の早期発見を目的とし、生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の方やその予備群の方の生活習慣の改善を図るものです。 生活習慣病は、ご自身が気づかないうちに重病化することが多いので年に1度は健診を受診するようにしましょう。  また、健診を受診された方には健康朝食や施設割引券など、様々な特典をご用意しています。 ...

新しい国民健康保険被保険者証を送付します

 10月からは新しい被保険者証をお使いください。 現在使用している国民健康保険被保険者証は、9月末で期限が切れます。 10月からは9月中旬に送付する新しい被保険者証を使用してください。 古い被保険者証は、10月1日以降、国保年金課、各支所、各市民センターに返却してください。       令和2年10月からの被保険者証イメージ(茶色)...

会津若松市国民健康保険保健事業実施計画

 国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針に基づき、被保険者の健康の保持増進を図ることを目的に、基本的な計画を策定しました。   実施計画について 令和2年度会津若松市国民健康保険保健事業実施計画書.pdf(118KB) 平成31年度(令和元年度)会津若松市国民健康保険保健事業実施計画書.pdf(125KB) ...

国民健康保険証の送付先を変更できます

 国民健康保険証は、毎年10月に更新されます。新しい保険証の送付先を変更する場合や国保年金課窓口での受け取りを希望する場合は、申請が必要です。 ※申請による変更は当該年度のみの適用となり、次年度以降も送付先の変更を希望される場合は毎年申請が必要です。 申請に必要なもの 官公庁が発行する顔写真入りの身分証明書 印鑑(スタンプ印不可) 国民健康保険証 ...

国民健康保険税の軽減・減免制度について

国民健康保険税の法定減額制度  国民健康保険税は国民健康保険制度の大切な財源です。 国民健康保険税は,皆さんの収入の申告に基づいて算定されています。 国の定める所得基準を下回る世帯については、軽減制度が適用となり、国民健康保険税の均等割額と平等割額の7割、5割又は2割が減額されます。 また、災害、破産などの特別な理由がある場合は、減免が受けられる場合があります。 ...

令和2年度国民健康保険税について

令和2年度国民健康保険税について      令和2年度国民健康保険税納税通知書は、令和2年7月10日(金)に発送しました。   国民健康保険税の算出のしかた   各世帯の1年間(4月から翌年3月まで)の国民健康保険税額は、下図のように医療給付費分、後期高齢者支援金分及び介護納付金分の合計額になります。 ...

会津若松市国民健康保険運営協議会

国民健康保険運営協議会とは、国民健康保険事業の運営に関する重要事項を審議する付属機関です。 その会議録について公開いたします。   会津若松市国民健康保険運営協議会における過去の会議録 令和2年度 令和2年度第一回(令和2年5月21日)   令和2年度第一回国民健康保険運営協議会次第.pdf(1MB) ...

限度額適用認定証について

医療機関を受診する際、被保険者証と一緒に「国民健康保険限度額適用認定証」を提示することにより、医療機関別の1か月の窓口負担が高額療養費の自己負担限度額までとなります。 なお、市県民税非課税世帯に属する方は、医療費の限度額適用に加え、入院時の食事代が減額となる「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けられます。 ...

国民健康保険税の納税について

  他の健康保険加入者や生活保護受給者以外は、すべての人が国民健康保険に加入することが法律で定められています。国民健康保険の加入者は、国民健康保険税を納める義務があります。 国民健康保険税の納付がないと医療費の支払いができません。   国民健康保険税の納税義務者(支払をしなければいけない人) ...

国保年金課からのお知らせ

5月1日号の市政だよりにおいて、会津若松市国民健康保険条例の一部改正についての意見を募集する内容をお知らせいたしましたが、都合により実施しませんでした。訂正してお詫びいたします。   お問い合わせ 会津若松市役所 国保年金課 医療給付グループ 電話番号:0242-39-1244 ファックス番号:0242-39-1432 ...

変更があったときは国民健康保険の届け出を

 国民健康保険(以下、「国保」)に加入している人が職場の健康保険に入ったときや、職場の健康保険を抜けた人が国保に加入するときは、14日以内に届け出が必要です。届け出が遅れると、医療費を一時的に全額負担することになったり、国保税が課税されたままになったりすることがあります。早めに届け出をしてください。  なお、3月31日(火)で退職する人のみ、3月16日(月)から届け出を受け付けます。...

国民健康保険への加入手続き

   次のようなときは、かならず14日以内に手続きをしてください   すべての届出に必要なもの     国民健康保険のすべての届出に、以下のものが必要となります。 届出人(世帯主)と被保険者(該当者)の個人番号の確認ができるもの(個人番号カード又は通知カード等) ...

令和元年度台風第19号による被害を受けた世帯の国民健康保険税の減免について

平成31年度の国民健康保険税を減免します。 令和元年度台風第19号により被災された方の納税負担を軽減するため、特別に定めた減免基準に該当する場合に、申請により平成31年度の国民健康保険税額を減額又は免除します。また、複数の減免理由に該当する場合は、減免額の大きいものを適用します。   対象となる世帯 ...

国民健康保険特別会計の平成30年度決算の概要

国民健康保険特別会計の平成30年度決算を報告します 医療費が増加しています     国民健康保険制度は、国民皆保険を将来にわたって維持していくため、平成30年度から制度改正が行われました。    ...

国民健康保険高齢受給者証

 70歳から74歳までの人は国民健康保険証と高齢受給者証で医療を受けます。    高齢受給者証には年齢並びに所得などに応じた自己負担割合が記載されています。    医療機関を受診するときには、必ず、国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を病院の窓口に提示してください。   ...

自己負担分外の医療費を国民健康保険で支払います

国民健康保険に加入している方を国民健康保険の被保険者とよびます。被保険者の方は医療機関に国保の保険証を提示しますと、総医療費の一部を自己負担するだけで受診できます。自己負担分外の医療費は国保でお支払いします。但しこれは保険が適用される医療費に限ります。   ...