記事カテゴリ

記事カテゴリ 安全・防犯 のコンテンツ。

平成31年「新入学(園)児童・園児の交通事故防止運動」の実施について

1 目的  本運動は、新入学(園)期において、家庭、学校、地域が一体となり、交通安全教育等を推進することにより、新入学(園)児童・園児の交通事故防止を図ることを目的に実施します。   2 期間  平成31年4月6日(土曜日)から平成31年4月12日(金曜日)までの7日間   3 運動のスローガン  「歩行者を...

平成31年度 市民交通災害共済の申し込み受付が始まりました

平成31年3月1日から、平成31年度の市民交通災害共済の申し込み受付が始まりました。 市民交通災害共済は、交通事故による被災者を救済するために、昭和43年につくられた制度で、現在福島県内13市で実施しています。 市民の方であればどなたでも加入することができます。 ぜひ、ご家族全員で加入しましょう。   市民交通災害共済の申し込みについて ...

「年末年始の交通事故防止県民総ぐるみ運動」の実施について

1 目的  毎年この時期には、夕暮れ時から夜間にかけて交通事故が多発し、特に高齢歩行者が被害者となる重大事故の増加が懸念されます。  また、高齢運転者による重大事故も発生していることから、市民一人ひとりが交通安全意識を高め、交通ルールの遵守、正しい交通マナーの実践を習慣づけることにより、市民総ぐるみで交通事故の防止を図ることを目的としています。   2...

「第13回会津若松市交通安全市民大会 秋の交通安全鼓笛隊パレード」を開催いたします

交通安全を呼びかける市民大会とパレードを開催します。  市民大会では、交通安全表彰式や、交通安全宣言を行います。  また、謹教小学校・一箕小学校鼓笛隊や、福島県警察音楽隊もパレードに参加します。   開催概要 とき 平成30年9月21日 金曜日 午後3時から午後4時30分まで ところ 大町中央公園から神明通り スケジュール ...

「夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動」の実施!

1 目的    この時期は、夏季特有の暑さや行楽等による疲労、開放感による無謀運転などが増加することに伴い、交通事故が多発する傾向があります。    本運動は、このような情勢を踏まえ、市民一人ひとりの交通安全意識を高め、交通ルールの遵守、交通マナーの実践を習慣づけることにより、市民総ぐるみで交通事故防止を図ることを目的としています。   2 期間 ...

平成30年度 市民交通災害共済の申し込み受付中です

市民交通災害共済は、交通事故による被災者を救済するため、昭和43年につくられた制度で、現在福島県内13市で実施しています。 市民の方であればどなたでも加入することができます。 ぜひ、ご家族全員で加入しましょう。   市民交通災害共済の申し込みについて 加入資格 会津若松市の住民基本台帳に記載されている方。 ...

平成29年度 市民交通災害共済の申し込み受付中です

市民交通災害共済は、交通事故による被災者を救済するため、昭和43年に福島県内13市によりつくられた制度です。 市民の方であればどなたでも加入することができます。 ぜひ、ご家族全員で加入しましょう。   市民交通災害共済の申し込みについて   加入資格 会津若松市の住民基本台帳に記載されている方。 ※年齢の制限はありません。 ...

河東地区(ずい道東側)の交通教育専門員を募集します!

 朝の通学時間帯の街頭指導や、交通安全教育などを行う交通教育専門員を募集します。  子供を交通事故から守るためのボランティア活動を行ってみませんか!  河東地区の皆さまには、回覧板でお知らせをしたところです。  ぜひ、やってみたいと思っている方、お待ちしております。  地方公務員法に基づく非常勤特別職であり、月2万円から3万円程度の報酬があります。   ...

交通死亡事故多発全県警報が発令されました

 福島県内において、8月6日(日)から8月8日(火)までの3日間に、交通事故により6人の方が亡くなっているほか、意識不明を含めた重傷事故が4件発生しており、緊急事態となっております。  そのため、県内全域に『交通死亡事故多発警報』が発令されました。  運転をする際には、一人一人が交通ルールと交通マナーを守り、交通事故に「遭わない」、「起こさない」ように注意しましょう。 ...

交通安全教室に交通教育専門員を派遣します

交通教育専門員について  交通教育専門員は、朝の通学路において街頭指導や、交通安全教室を行なっています 目的  交通安全知識の普及や、交通安全思想の高揚を図るため、会津若松市には交通教育専門員制度があります 業務内容 ...

暴力団排除条例を制定しました

条例制定の趣旨  今日、本市においても、暴力団は、みかじめ料や、薬物・覚せい剤の密売、恐喝、さらには公共工事等への参入等、巧妙に姿を変え、市民生活や社会経済活動をおびやかす存在です。社会から暴力団を排除するためには、市や警察を始めとする行政機関が行う活動だけでは十分な効果をあげることはできません。市民や事業者の皆さんが、活動を一緒に行っていくことが何より大切です。 ...

自転車等の違法駐輪・放置はやめましょう!

歩道などに、「少しの時間だから」「みんなが置いているから」といった安易な気持ちで、自転車等を放置していませんか? 自転車を放置すると、いろいろな問題が生じることを理解してください。 放置自転車とは?   「放置自転車」とは、道路や公園など公共の場所に置かれている自転車や原付バイクで、利用者がその場所を離れていて、すぐに移動できない状態をいいます。  ...

暴力追放都市宣言について

「暴力追放都市宣言」の経過  会津若松市では、刑法犯が過去に最多となった経緯を踏まえ、全市民の暴力追放に対する認識を新たにし、官民一体となった行動を展開するために、平成14年11月22日に開催された暴力追放会津若松市民大会の席上、会津若松市と暴力追放会津若松市民会議とが共同で『暴力追放都市宣言』を行いました。 ...

悪質・危険運転を繰り返す自転車運転者に安全講習が義務付けられました!

平成27年6月1日から「自転車運転者講習制度」が新設されました。 自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと、都道府県公安委員会の命令により自転車運転者講習(有料)を受けることとなります。 対象者は14歳以上となります。 自転車運転者講習は、命令を受けてから3ヶ月以内に3時間講習を受けなければなりません。 ...

防犯灯について

夜間における犯罪防止と通行の安全を図るため、電柱等に設置されています。   防犯灯を設置するには? 防犯灯は、地域の生活道路などに町内会が設置し、市では要綱に基づいて、設置費用と電気料金などの維持管理費の一部を補助しています。町内会に属さない市道等で通学路に指定されている場所には、市で設置する場合もあります。 ...

自転車ルールが改正されました

自転車ルールを含む改正道路交通法が施行されました  平成25年12月1日から施行された道路交通法改正内容について、お知らせします。   なお、自転車を利用する際は、左側通行を基本とし、歩行者に気を配り、安全な利用を心掛けていただきますようお願いします。 自転車利用者対策  【改正内容】  ① 自転車等の軽車両が通行できる路側帯は、...

自転車盗難・万引きをなくそう!!

会津若松市内では、自転車盗難が大幅に増加しています。 自分の自転車は自分が守る気持ちで、盗難を防止しましょう。 ツーロックをしましょう。 <自転車の錠 + 切断されにくいワイヤー錠> の二重ロックをしましょう 自宅やアパートでも、玄関など屋内に入れましょう 自転車防犯登録をしましょう   万引き・自転車盗難は重大な犯罪です! ...

交通安全対策について

悲惨な交通事故を1件でもなくすため、 市民一人ひとりが、交通ルールを理解し行動すること、そして交通安全意識を高めることが、とても大切です。 第10次会津若松市交通安全計画について ...

子どもの健全育成に関するリンク集

青少年の非行防止に向けて  (会津若松警察署) (少年の補導状況や、非行防止に向けた取り組みについてのご案内があります。) いじめ110番  (福島県警察本部) (いじめに関する相談を受けています。) ヤングテレホン  (福島県警察本部) (家庭、学校、友人関係など青少年の思春期の悩みや子どもの非行問題などに関する相談を受けています。) ...