記事カテゴリ

記事カテゴリ 障がい者福祉 のコンテンツ。

余暇活動支援事業

  充実した余暇を過ごすことは、私たちが元気に毎日を過ごすために欠かせないものであり、障がいの有無に関わらず大切なことです。   会津若松市では、障がいのある方が充実した余暇の時間を過ごし、余暇活動を通して、地域との交流や社会参加を果たしていけるよう、平成21年度から余暇活動支援事業に取り組んでいます。 ふらっと通信 ...

ヘルプマークの配布を行っています

1.ヘルプマークとは  ・義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることができるマークです。 ・東京都が平成24年に配布を開始したマークであり、現在では案内用図記号としてJIS規格にも登録され、全国共通のマークとなっています。 ...

身体障がい者巡回相談会を開催します

 補装具費の支給に当たっては、一部品目について医学的判定が必要なものがあります。(義肢、車いす、下肢装具など)  下記の日程で補装具の判定、審査を行う巡回相談会を実施しておりますので、補装具事業者と調整の上、ご参加ください。  なお、参加には開催日の一週間前までに申し込みが必要です。   日時 令和元年6月19日(水) ...

会津若松市障がい者雇用優良事業所顕彰事業 令和元年度市長賞受賞事業所紹介

 障がい者を雇用し、障がい者の視点に立った雇用環境を整えるなど、社会貢献度の高い事業所に「会津若松市長賞」が贈られました。 市では、この顕彰事業を通して、たくさんの事業所や市民の方に、障がいのある方と共に働くということについて考えて頂くきっかけとなればと思っています。 ちょっとした理解や見守り・手助けがあれば、自分らしく生活できる人はたくさんいるのです。 ...

平成29年度 福祉のまちづくり講演会を開催します

 令和元年11月17日(日) 午後1時からホテルニューパレスで、福祉のまちづくり講演会を開催いたします。    是非、この講演会に足を運んでいただき、障がいのあるなしに関わらず、誰もが暮らしやすい会津若松市をつくっていくために私たちは何ができるのか、 一緒に考えてみませんか。   令和元年度福祉のまちづくり講演会 ...

成年後見制度講座(入門編・応用編)を開催します(受講生募集)

 成年後見人としても活動している司法書士の方をお招きし、制度についてわかりやすくお話ししていただきます。   成年後見制度とは  認知症や知的障がい、精神障がい等で判断能力が十分ではない方が、法的に権限を与えられた代理人(成年後見人等)に財産管理や契約行為等を必要とするさまざまな場面で支援を受けることが可能となる制度です。   ...

障がい福祉サービス

 障害者総合支援法において身体・知的・精神の障がいの種別に関わらず、障がいのある方が必要なサービスを利用できるよう、サービスを利用するための仕組みが一元化されました。    このサービスは障がい福祉サービスといい、障害総合支援法に基くサービスを提供する「 介護給付・訓練等給付 」、障がい児のための福祉サービス「 障害児通所給付 」、市が障がい者の地域での生活を総合的に支援する「...

重度心身障がい者医療費助成

重度心身障がい者医療費助成    受給者の方の保険診療分の医療費の一部自己負担金について助成する制度です。 対象者 身体障害者手帳所持者 ○障がい程度が1級または2級の方 ○内部障がいで障がい程度が3級の方 療育手帳所持者 ○障がいの程度がAの方 ...

重度心身障がい者医療費助成制度の助成方法が一部変更となりました

平成29年10月1日診療分から重度医療の助成方法が一部変更となりました 変更点  会津若松市内の医療機関(病院や薬局等)で診療を受けた際の窓口での一部負担金のお支払いが、原則無料となります。   申請のしかた ...

令和元年度 会津若松市障がい者雇用優良事業所顕彰事業

障がいのある人の雇用に積極的に取り組んでいる事業所を募集します! 会津若松市内においては、障がいのある人の雇用は毎年増えていますが、依然として雇用率は全国平均よりも低い状況にあります。 ...

「平成30年度 会津若松市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針」に対する実績を公表します。

 「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(平成 24 年法律第 50 号。以下「法」という。)」に基づき、市では平成 30 年 3 月 28 日に、「平成 30 年度会津若松市障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針(以下「調達方針」という。)」を策定し、障がい者の就労施設などからの、必要な物品の購入や業務の委託を進めてきました。 ...

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当は、身体又は精神に一定の障がいのある20歳未満の児童を監護又は養育している保護者等に支給されます。 ...

障がい者支援センターカムカム

 「カムカム」には、 相談支援を行う「障がい者総合相談窓口」、    ボランティアによる活動支援を行う「会津若松市ボランティアセンター」が 一堂に会し、関係機関・団体や地域の方々と連携を図りながら、一人ひとりの障がいのある方の夢や希望を支えていくことを目指しています。   カムカムの機能 ...

障がい者団体等のご紹介

障がい者団体等のご紹介   障がいのある方やその仲間の活動を、障がい者団体等一覧表にて、ご紹介します。  障がいについての悩みを共有したり、お話しを聴いてもらいたい方、活動に興味のある方、ボランティアとして参加したい方、各団体のことを知ることから、始めてみませんか? ...

手話講習会(手話奉仕員養成講座-入門-)を開催します

 聴覚障がい者の生活や関連する福祉制度等について理解ができ、手話で日常会話ができる程度の技術を習得し、聴覚障がい者福祉の向上に寄与することを目的として、手話講習会を開催します。  手話を母語とする聴覚障がいのある講師と手話通訳の資格を持つ講師がペアで、わかりやすく講習します。   開催概要 期間 ...

会津若松市障がい福祉サービス支給決定基準

会津若松市障がい福祉サービス支給決定基準   この基準は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(「障害者総合支援法」)及び児童福祉法における障害福祉サービス(介護給付・訓練老給付・障害児通所支援・計画相談支援・障害児相談支援・地域相談支援・地域生活支援事業)について、公平かつ適正に支給決定するために定めるものです。  ...

平成31年度障がい者福祉ハンドブックについて

各種手帳をお持ちの方を対象にした、制度についてのハンドブックです。ご活用ください。 障がい者福祉ハンドブック(身体障がい者手帳版).pdf(931KB)   障がい者福祉ハンドブック(療育手帳版).pdf(869KB)   障がい者福祉ハンドブック(精神保健福祉手帳版).pdf(808KB)       お問い合わせ ...

特別障害者手当

特別障害者手当 対象者及び内容    著しく重度の障がいのある在宅の障がい者に、その障がいのために生ずる特別な負担の軽減を図る一助として支給されます。    ただし、以下の場合は除きます。 受給資格者及び扶養義務者などの所得が、制度で定めた限度額以上ある場合 ...

その他の福祉サービス-目次

   障がいをお持ちの方に障害福祉サービス以外の制度やサービス等があります。 在宅重度障がい者対策事業 人工透析患者通院交通費助成事業 訪問給食サービス 緊急通報システムの貸与 外出支援事業   お問い合わせ 会津若松市役所 障がい者支援課 給付グループ ...

自立支援医療(更生医療・育成医療)

自立支援医療(更生医療・育成医療)    障がい程度の軽減、除去または進行を防ぎ、職業更生・日常生活の向上を図るための公費による医療給付制度です。 対象者等  ○満18歳以上で身体障害者手帳を所持している方(更生医療) ...