記事カテゴリ

記事カテゴリ 農林業 のコンテンツ。

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果について

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果についてお知らせいたします。 現在、会津若松市産の農産物は摂取および出荷を差し控える対象とはなっていません。 なお、野生きのこの出荷等についての詳細は、 出荷用野生きのこのモニタリング結果の最新情報等 をご参照ください。 ...

稲わらを有効活用しましょう!!

稲わらの焼却について    会津地方では、稲刈り後の稲わら焼却が、毎年問題となっています。  稲わらを焼却すると、土壌の有機質資源の減少による米の品質低下をはじめ、煙害や火災の発生など様々な問題が生じる恐れがあります。  また、焼却により発生する二酸化炭素は、地球温暖化へ悪影響を及ぼします。  稲わらは貴重な有機質資源ですので、有効活用しましょう。 ...

会津若松市公設卸売市場トップページ

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う支援策について(令和3年4月15日)   新型コロナウィルス感染症の影響により取引量が減少している現状を鑑み、場内事業者の経営に及ぼす影響を緩和し、食料の安定供給体制を維持するため、下記のとおり事業者に対する支援を行います。 市場使用料の減免 対象:市公設地方卸売市場内事業者(19事業者) ...

【あいづ食の陣】食欲の秋!会津米・酒の季節です!

見渡す限りの稲穂には会津磐梯山が似合います 酒米やひとめぼれから刈入が始まります     会津の秋。お米とお酒。    「会津人が胸をはって美味しいといえる食材を、旬の時期に味わってほしい」との願いから立ち上げた食の一大イベント「あいづ食の陣」。 ...

おいしい農産物で学生を応援します!

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長期間に及んだことで、農産物も需要の減少や価格の下落などの影響を受けています。  また、感染症の影響は、アルバイト等の機会の減少など、学生の皆様の生活にも大きな影響を与えています。  JA会津よつばでは、感染症の影響に負けずに頑張っている学生の方々に、会津若松市のおいしい農産物をお送りして応援する取組を実施します。 ...

会津若松市産農産物の販売促進チラシについて

販売促進チラシをご利用ください ○緊急時モニタリング検査の結果、基準値を下回っていることが確認された会津若松市産農産物の販売促進チラシを作成しましたので、ご利用ください。 ○今後も緊急時モニタリング検査が実施され、基準値を下回っていることが確認された農産物については、販売促進チラシを掲載していきます。   販売促進チラシ一覧(令和3年10月1日現在) ...

山菜・野生きのこの採取や出荷等について

山菜・野生きのこの採取や出荷等について  野生きのこは大変種類が多く、きのこ の誤採取による 食中毒等が毎年発生しておりますので、下記の採取や出荷、放射性物質の影響などに関する情報をご確認ください。   野生きのこの採取にあたっての留意点(林野庁ホームページ) ...

まんてん会津フェアの参加店舗を募集しています

会津地域の食材を使ったメニューを提供しませんか   会津地域経済循環推進協議会では、会津若松市と連携協定を結んでいるさいたま市で、「会津を食べて、飲んで、知ってもらうイベント『まんてん会津フェア』」を開催します。現在、大宮駅周辺の飲食店の皆さんを対象に、参加店舗の募集をしています。  この機会に会津地域の食材など取り扱ってみませんか? ...

農業用使用済プラスチックの一斉回収を行います

   農家の方であれば、どなたでもお持ちいただけますので、ぜひこの機会にお持ちください。(必ず指定された日時にお持ちください。)   農業用使用済プラスチック 回収場所・日時   JA会津よつば 会津若松、門田 各営農経済センター:令和3年10月24日(日)午前9時から正午まで JA会津よつば 湊、河東...

「まんてん会津」マッチング情報をお知らせします【会津地域経済循環推進協議会】

SNSを活用したマッチング事例を紹介します  会津地域経済循環推進協議会では、生産者や加工業者、飲食店、小売店などの皆さんとのマッチングを促すために、インスタグラムやフェイスブックを活用した「まんてん会津」プロモーション事業を展開し、会津地域の食材や加工品などの情報を発信しています。この取り組みでマッチングした事例を紹介します。   ヒメマスの山椒煮(会津居酒屋...

おいしさ満点!栄養満点!愛情満点!「まんてん会津フェア」を開催しています【会津地域経済循環推進協議会】

会津を食べて、飲んで、知ってもらうイベントです まんてん会津フェアとは   会津地域経済循環推進協議会では、事務局の会津若松市と連携協定を結んでいる埼玉県さいたま市内の飲食店で会津地域の食材を使ったメニューや、会津清酒などを提供してもらうイベントを開催しています。 ...

さいたま市の飲食店とのオンライン商談会を開催します【会津地域経済循環推進協議会】

 さいたま市の飲食店とのオンライン商談会参加者を募集します  令和3年10月30日(土)から11月30日(火)まで開催する、「秋のまんてん会津フェア」に参加予定のさいたま市内の飲食店と会津地域の食材を取り扱う事業者とのオンライン商談会を開催します。以下の内容で会津地域の生産者や加工業者、食材取り扱い事業者などを募集します。   ...

農政部農林課の業務が再開します

令和3年9月3日付、市ホームページ公表で、有害鳥獣の駆除並びに鳥獣の捕獲に関する業務を除いて停止しておりました、農政部農林課の業務につきまして、下記内容により再開いたしますのでお知らせいたします。  業務停止期間中は、市民の皆様に多大なるご不便をおかけいたしましたこと心よりお詫び申し上げます。   再開する業務および日時 令和3年9月13日 月曜日...

地産地消サポートクラブキャンペーン開催中です!

地産地消サポートクラブキャンペーン   地産地消サポートクラブでは、ご家庭で「地産地消の活動」を実践していただいたサポートクラブ会員の中から、抽選で20名様に5,000円相当の「地産地消商品の詰め合わせ」をプレゼントするキャンペーンを9月17日(金)まで開催しています。   ...

農業制度資金について

農業制度資金  国または地方公共団体が、民間金融機関の融資に対して利子補給を行うことなどにより、農業者等に低利で資金を融通する制度です。     会津若松市農業経営資金利子補給事業 ...

農地中間管理事業について

 平成26年度から国の新たな施策として農地中間管理事業が発足しました。  農地中間管理機構を活用して農地を借り受け、規模拡大を図りたいとお考えの方、また、農地の維持管理が難しくなってきた等の理由で農地を貸したい方は、農政課までお問い合わせください。 ⇒農地中間管理機構ホームページ   (1)事業目的 ...

人・農地プランについて

  人・農地プランとは、その名のとおり、集落や地域の「人」と「農地」の問題を解決するための「将来の設計図」です。   高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、農業の展望が描けない集落が増えていることから、集落における農業を持続的に維持・発展させていくために、課題や将来像を共有するために作成するものです。課題を抱える全国の地域で、プラン作成が進められています。   ...

令和3年度の会津若松米粉ネット イベント・活動紹介

第7回(令和3年度)米粉料理コンテスト  会津若松市産の米粉を使って、オリジナルの米粉料理を作ってみませんか?みなさんのアイデア料理をお待ちしています! 第7回米粉料理コンテストチラシ  応募資格 プロ・アマ問わず、どなたでも応募できます。ただし、 令和3年10月30日(土) の試食審査会に参加できる方。 ...

地産地消協力店 トップ

青いのぼりが目印です!       みなさんは「地産地消協力店」をご存知ですか?    地産地消協力店は、会津で生産されたお米や野菜、果物、会津地鶏やエゴマ豚などの農産物や、味噌、しょうゆ、日本酒などの加工品を積極的に取り扱っているお店です。 ...

地産地消協力店 有限会社 植木屋商店

  地元産品の利用状況  日本酒(会津産酒造好適米使用) お店の売り(消費者へのメッセージ) 会津の地酒を販売しています。  特約銘柄、飛露喜、会津娘、写楽、ロ万、奈良萬。等々 お問い合わせ   所在地:会津若松市馬場町1番35号 TEL:0242-22-0215 ...