記事カテゴリ

記事カテゴリ 文化・芸術 のコンテンツ。

第66回文化財防火デー 文化財の火災防ぎょ訓練を行います

  昨年度の訓練のようす(旧滝沢本陣) 毎年1月26日は文化財防火デーです。 これは昭和24年1月26日に法隆寺の金堂壁画が火災により焼損したことを教訓として、全国的に文化財の防火運動を行うものです。 市では、毎年この時期に各文化財所有者、会津若松市消防団、会津若松消防署などのご協力を得ながら、市内にある文化財建造物の防火訓練を実施しています。 ...

会津若松市の史跡一覧<国指定文化財> 会津松平氏庭園(御薬園)

   御薬園(おやくえん)は、かつて会津領主・藩主が別荘として利用していた庭園で、会津若松市花春町にあります。  室町時代のころに霊泉(れいせん)が湧き出したこの地に、時の会津領主であった葦名氏が別荘を建てたのが始まりといわれています。 ...

会津若松市内の文化財

文化財関連ページへのリンク 文化財に関するよくある質問のページへ 文化財に関する申請書式のページへ   会津若松市内の文化財  会津若松市内には多くの文化財があります。主なものを掲載します。   ※下線がついている「名称」の項目 ではその文化財の画像と説明を見ることができます。 ...

令和元年度 院内御廟歴史散策会

第11回院内御廟歴史散策会を開催しました!    令和元年10月26日(土)に、院内御廟歴史散策会を開催しました。  今年度は、院内御廟に初めて訪れた方向けのコース、二代墓所と藩主の墓コース、藩主の家族の墓コースの3班に分けて解説を行いました。 ...

会津若松市の史跡一覧<国指定文化財> 会津藩主松平家墓所(院内御廟)

   院内御廟(いんないごびょう)は、会津藩主であった松平家の墓所のうち、会津若松市東山町大字石山にある墓所のことです。  江戸時代この墓所の場所全体が「院内山(いんないやま)」と呼ばれていたため、通称「院内御廟」として敬われ、現在まで親しまれてきました。 ...

【注意】文化財の盗難にご注意ください

 4月15日にフランスパリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、教会の尖塔などが焼失しました。  10月31日未明には、沖縄県那覇市の首里城で火災が発生し、正殿や南殿などが全焼、収蔵していた文化財も数多く焼失しました。    文化財は、火災等でいったん滅失毀損すれば、再び回復することができない、かけがえのない財産です。 ...

御薬園からのお知らせ

御薬園のイベントをお知らせします。 御薬園ホームページ 御薬園 初釜  新年の一服を手前にてお出しします。  日時 令和2年1月3日(金) 午前10時から午後3時まで 定員 一席20人 費用 一席800円 ところ・問い合わせ 御薬園   成人式記念撮影 ...

赤井谷地散策会を開催しました!

国指定天然記念物「赤井谷地沼野植物群落」について、市民のみなさんを対象に湿原の保護・保全について理解を深めていただくための散策会を開催しました。   開催概要 日時      令和元年10月20日(日)  午前10時~12時 会場      国指定天然記念物「赤井谷地沼野植物群落」内 講師      赤井谷地保存管理指導会議委員 日本大学...

第44回(令和元年度)市民美術展を開催します

 市民美術展は、開催44回を迎える市民手づくりの美術展です。   みなさんが日頃制作している作品を、ぜひ出品ください。   出品された作品はすべて展示いたします。   出品要項に必要事項を明記し、出品料を添えてお申込みください。            会場づくりも手づくりです     作品研究会にもご参加ください ...

10/12(土)「青木志満六」特別講演会の中止について

10月12日(土)の午後2時よりの開催をご案内しておりました講演会につきましては、台風19号の影響を考慮し、中止とさせていただきます。 報道等によると、暴風域を伴ったまま東北地方にかなり接近する見込みであり、さらに、講演会を予定していた10月12日(土)の午後に本市の風雨が強まる見込みです。 ...

興福寺と会津~徳一がつないだ西と東

福島復興祈念展「興福寺と会津」7月6日開幕 県立博物館 奈良・興福寺の寺宝を展示する福島復興祈念展「興福寺と会津~徳一がつないだ西と東」が7月6日~8月18日、会津若松市の県立博物館で開かれます。 国宝5点を含む興福寺の寺宝と、会津の仏教美術合わせて約50点を展示します。 ...

第19回ふれあい美術展を開催します

会津若松市では、所蔵している貴重な美術品の一部を活用し、市内の学校を会場に移動美術展を開催しています。 収蔵作品の中から絵画・工芸・書・彫塑作品など数十点を展示し、児童の皆さんをはじめ、地域の皆様にご覧いただく身近な美術展として親しまれています。お気軽にお越しください。       日時・会場 ...

令和元年度 会津の郷土研究作品を募集します

 会津地方に関する郷土の調査、研究等を行った作品を募集します。  私たちのふるさと「会津」には、長い歴史や豊かな自然、伝えられてきた郷土の文化があります。  そのような郷土の資源について、皆さんの視点で研究してみませんか。きっと新しい発見がありますよ。  審査により選ばれた優秀な作品には「賞」を贈ります。   応募資格(一般成人部門・青少年部門) ...

市民文化祭「参加行事」を募集します!

市民文化祭の参加行事を募集します。 9月から11月に市民団体が市内で行う、芸術・文化の成果を発表する行事で、市民の皆様が鑑賞・参加できるものが対象です。   対象となる行事   会津若松市を活動の拠点とする芸術文化団体の主催する行事で、広く市民の皆様が鑑賞・参加できるもの。 ...

会津文化団体連絡協議会

会津文化団体連絡協議会   会津文化団体連絡協議会は、会津若松市内で活動する文化団体の健全な発展と市民文化活動の向上を目的として、昭和37年(1962年)に結成された団体です。 平成30年4月現在、7分野の49団体が加盟しています。   会津文化団体連絡協議会とは ...

4月の「まなべこ」歴史文化講座のご案内

第60回まなべこ歴史文化講座「幻の神指城を歩く」    慶長3年(1598年)に会津に移封された上杉景勝は、慶長5年(1600年)、新しい城の工事に着手しました。 会津盆地中央、阿賀川のほとりで築城を開始したこの城は、完成すれば鶴ヶ城の約2倍もの大きさになる予定でしたが、 ...

赤井谷地の保護

赤井谷地の成り立ちと特徴  国指定天然記念物の赤井谷地は、猪苗代湖(写真奥)から約1km西に位置しています。  約4万年前、磐梯山の噴火で水が引き止められたことにより、湊地区の低地は猪苗代湖と一体の湖となりました。その後、水が引いた後も、赤井谷地は乾燥することなく湿原として残りました。 ...

会津若松市収蔵美術作品 -バーチャルミュージアム-

会津若松市収蔵美術作品-バーチャルミュージアム-を開設しました!!   会津若松市で収蔵している美術作品のリストと画像を紹介していますので、是非ご覧ください。   会津若松市収蔵美術作品について   ...

第65回文化財防火デー 文化財の火災防ぎょ訓練を行います

毎年1月26日は文化財防火デーです。 これは昭和24年1月26日に法隆寺の金堂壁画が火災により焼損したことを教訓として、全国的に文化財の防火運動を行うものです。   文化課では毎年この時期に各文化財所有者、会津若松市消防団、会津若松消防署などのご協力を得ながら、市内にある文化財建造物の防火訓練を実施しています。 ...

2019年度文化活動への助成事業について

1 公益財団法人福島県文化振興財団助成事業   公益財団法人福島県文化振興財団では、県内に住所を置き、活動の本拠を有する団体が自ら行う文化活動について助成を行っています。   対象となる助成事業  2019年4月1日~2020年3月31日までに実施する次の1~8のいずれかの事業に該当するもの。   ...