記事カテゴリ

記事カテゴリ 財政 のコンテンツ。

公営企業に係る「経営比較分析表」

 各公営企業においては、経営の現状や課題などを的確に把握し、必要な住民サービスを安定的に継続することが必要です。  このため、総務省では、平成26 年度決算より、各公営企業の経営や施設の状況を表す主要な経営指標とその分析で構成される、「経営比較分析表」を新たに策定し、公表することとしました。 ...

予算概要(平成30年度)

 平成30年度の2月補正予算について、お知らせいたします。   2月補正予算 公表資料 平成30年度2月補正予算 概要資料.pdf(110KB) 平成30年度2月補正予算 提出案件資料.pdf(509KB)   12月補正予算 公表資料 平成30年度12月補正予算 概要資料.pdf(108KB) ...

予算概要(平成31年度)

 平成31年度の当初予算について、お知らせいたします。   当初予算 公表資料 平成31年度当初予算 概要資料.pdf(243KB) 平成31年度当初予算 提出案件資料.pdf(3MB) H31地方消費税交付金の使途明確化.pdf(23KB)   データのライセンス ...

広告主を募集しています

広告主を募集しています 遵守事項  広告主として応募いただく方や広告の内容等については、要綱で条件が定められています。  広告事業にお申し込みの際には、必ず要綱及び募集要項をご確認ください。 会津若松市広告掲載等に関する要綱(153KB)   現在の募集状況 広告付き庁用封筒の寄附者の募集について ...

類似団体比較(平成29年度)

  地方公共団体の財政状況については、財政指標や地方債残高、財政調整基金などにより判断され、それぞれの指標には適正範囲や危険水準といえる基準が設けられています。  ...

『会津若松市の財政のすがた』

  本市では、『会津若松市の財政のすがた』として歳入・歳出の決算状況、歳入・歳出の状況、市債の状況などをわかりやすくまとめました。    本市財政状況の基本となる情報を掲載していますのでぜひご一読ください。   平成29年度決算.pdf(1MB) 平成28年度決算.pdf(2MB) ...

財政状況のあらまし等

 PDFファイルの号数は、市政だよりに掲載された号を表記しています。   財政状況のあらまし  「財政状況のあらまし」では、毎年度2回、上半期と下半期の予算執行状況について掲載しています。   平成30年度 上半期(4月から9月まで)予算執行状況   平成30年12月1日号(459KB)   平成29年度 ...

市税概要

 市税概要は本市の税に関する資料です。市民税や固定資産税、軽自動車税等の課税状況や収入状況を公表します。   平成30年度 市税概要(全ページ)(2MB) 平成29年度 市税概要(全ページ)(2.7MB) 平成28年度 市税概要(全ページ)(2.7MB) 平成27年度 市税概要(全ページ)(1.7MB) ...

財政状況資料集

 国・地方の財政状況は引き続き厳しい状況にあり、歳出削減等を進めて財政健 全化を図ることが喫緊の課題となっている中で、地方公共団体が健全な財政運営 を行うためには、住民や議会等の理解を得られるように、財政の状況及び分析に関する情報をできる限り正確に、かつ、わかりやすく公表することが重要となっ ています。 ...

地方債と公債費の状況

1 地方債   (1) 地方債発行額   地方債とは公共施設や道路、水道、下水道などの整備に充てた借入金で、市が発行する地方債を市債といいます。   地方債を発行することで、後年度に返済のための元利償還金が発生しますが、公共施設は将来にわたって使用できることから、世代間の公平性の観点から、公共施設の整備に必要な財源として活用しています。 ...

財政調整基金等

  基金とは、特定の目的のために資金を積み立て、財産の維持や事業費の財源などに充てるために準備する貯金のようなものです。    ...

歳出分析

 歳出を分析する際には、一般的に2つの視点で分析します。  平成29年度分について掲載しました。   1つめは、目的別分類です。 ...

決算カード

  決算カードは、各年度に実施した地方財政状況調査(通称「決算統計」)の集計結果に基づき、地方公共団体ごとの普通会計※歳入・歳出決算額、各種財政指標等の状況について、1枚の様式に取りまとめたものです。 ...

歳入分析

財源別分類  歳入を分析する際には、一般的に2つの視点で分析します。  平成29年度分について掲載しました。   1つめは、歳入の使途が特定されているかどうかです。 ...

予算編成方針

 予算編成方針とは、市長が予算編成にあたっての基本的な考え方や留意事項を庁内に通知するもので、本市では、毎年度11月1日までに翌年度の予算の編成方針を通知しています。   予算編成方針の通知後、各部局では予算要求書の作成に取り掛かり、市長による査定が行われたうえで予算案として取りまとめられ、例年、市議会2月定例会において当初予算の審査が行われます。 ...

『中期財政見通し』

  本市では、財政の健全性を維持しながら、持続可能な行財政運営をしていくため、毎年度、中期(当該年度の翌年度から3ヵ年)の財政見通しを作成・公表し、これを基本とした予算編成を行っています。   この『中期財政見通し』は、国の税財政改革や景気、人口動態による市税の変動等を踏まえ、毎年度、策定しています。   ...

『公債費負担適正化計画』

  起債※1が許可制から協議制へ移行したことに伴い※2、実質公債費比率※3が18%以上となった場合、起債発行許可団体になることとされました。   起債発行許可団体は、許可条件として『公債費負担適正化計画』の策定が必要になり、原則7年以内に実質公債費比率を18%未満に低減することが求められます。  ...

主要な施策の成果報告書

  主要な施策の成果報告書は、決算の認定に際し、決算書とあわせて議会へ提出する資料です。   決算に基づき市税の課税・徴収状況や、一般会計と特別会計における主要な施策の成果、定額運用基金の運用状況などについて報告しています。   今回は、新たに平成29年度の主要な施策の成果報告書を掲載しました。   平成29年度 ...

統一的な基準による財務書類(平成28年度)

平成28年度決算については、「統一的な基準による地方公会計制度」の導入に伴い、新たな基準で財務書類を作成しました。 財務書類 冊子版: 会津若松市の財務書類(平成28年度決算)(1MB) 表紙・目次(114KB) 財務書類の基本的事項・財務4表の解説(802KB) 一般会計等財務書類(622KB) ...

健全化判断比率及び資金不足比率

   「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき、本市の健全化判断比率及び資金不足比率について公表するものです。   この法律では、地方公共団体は、毎年度、健全化判断比率及び資金不足比率を算定し、監査委員の審査に付したうえで、議会に報告するとともに、住民に対し公表することを義務付けています。  ...