記事カテゴリ

記事カテゴリ 経済的支援 のコンテンツ。

幼稚園就園奨励費補助制度

  会津若松市では、保育料の減免を行っている私立幼稚園に対して、補助金の交付を実施しています。 令和元年度の補助額は下記のとおりです。この額は年度毎に変わることがありますのでご注意ください。 なお、具体的な申請手続き等については、入園後に在園する幼稚園を通してお知らせします。 ...

ひとり親家庭医療費助成について

ひとり親家庭の親と児童及び父母のない児童の、医療費の一部を助成します。   ※平成29年10月1日診療分からひとり親家庭医療費の助成方法が一部変更となりました。         詳しくは こちら   ひとり親家庭医療費受給資格者証の有効期間が延長になります ...

児童手当について

児童手当について 児童手当制度についてご案内します(以下のメニューをクリックするとジャンプします)。   ・ 児童手当のマイナンバー対応について ・ 児童手当制度の目的 ・ 支給対象 ・ 支給要件 ・ 支給月額 ・ 支給月 ・ 申請方法 ・ 現況届について ...

申請書ダウンロード 児童扶養手当に関すること

ここでは、市役所での各種申請に必要な様式をダウンロード出来ます。 利用の際のご注意   児童扶養手当に関すること 受付窓口 こども家庭課(栄町第二庁舎1階) 北会津支所 住民福祉課 河東支所 住民福祉課 申請書一覧   様式名称 申請できる人及び ...

申請書ダウンロード ひとり親家庭に関するもの

ここでは、市役所での各種申請に必要な様式をダウンロード出来ます。 利用の際のご注意     ひとり親家庭に関するもの  様式名称 手数料 申請できる人及び 手続きに必要なもの 受付窓口 お問い合わせ先 ダウンロード ...

障害児福祉手当

障害児福祉手当は、著しく重度の障がいのある20歳未満の在宅の障がい児に、その障がいのために生ずる特別な負担の軽減を図る一助として支給されます。 この手当には、扶養親族などの数に応じて、所得制限があります。また、手当を受けようとする児童が、肢体不自由児施設、知的障害児更生施設などに入所している場合や、日本に住所を有しない場合は対象になりません。 手当の額と支払方法 ...

児童扶養手当

児童扶養手当   父又は母と生計を同じくしていない児童が育てられているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助けるために支給される手当です。   受給資格  ...

平成30年度子ども未来基金事業助成金について

対象事業決定   地域における子どもと子育てへの支援の充実及び拡大を図るため、「子ども未来基金」を活用して、子ども・子育て支援事業を自主的に活動する団体へ助成金を交付する子ども未来基金事業について、今年度の助成事業が決定しました。   決定した事業の概要等 通年・上期                             ...

子ども医療費助成制度

 子どもの健康増進を図るため、保険診療にかかる医療費の一部負担金及び入院時食事療養費を助成します。助成を受けるには、事前に登録が必要です。  助成の対象は保険診療で、子どもの出生、転入及び社会保険等に加入時から受けることができます。ただし、健康保険から支給される高額療養費及び附加給付等がある場合は、それを差し引いた分を助成します。所得による制限はありません。   ...

ひとり親家庭の資格取得や技能習得、学び直しを支援するための給付金を支給します

 ひとり親家庭自立支援事業は、次の3つの事業からなります。 高等職業訓練促進給付金 自立支援教育訓練給付金 高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金                                 ...

母子・父子・寡婦福祉資金貸付

 「母子家庭」、「父子家庭」及び「寡婦」の方の経済的自立を支援するため、無利子又は低利子で各種資金の貸付を行っています。(貸付に際しては、連帯保証人が必要となる等、要件を満たす必要があります。) 対象者 母子福祉資金 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子。 20歳未満の父母のない児童。 父子福祉資金 ...

ひとり親家庭の就職活動をサポートします

会津保健福祉事務所では、ひとり親家庭の就職活動の相談を受け付けています。 相談は無料で、秘密は厳守されます。 条件に応じた情報や、様々な制度の紹介、履歴書の作成などの支援を行っています。   相談場所・相談時間 相談場所 会津保健福祉事務所 保健福祉課児童家庭支援チーム    相談時間 8:30~17:00...

就学遺児激励金

就学遺児になられた時点で申請できるようになりました。 小学校在学時1回、中学校在学時に1回の支給となります。 対象者  会津若松市に住所を有する、父母(養子縁組をした場合は、養父母)またはそのいずれかが亡くなった小・中学校に在学する児童を扶養している方。  ※ ...

児童手当のマイナンバー対応について

児童手当の手続きにもマイナンバーが必要になります。 平成28年1月1日よりマイナンバー制度が施行されました。 「マイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)」の施行により、児童手当の手続きの一部に「マイナンバー」が必要になります。 マイナンバーが必要な児童手当の申請 ...

配偶者からの暴力被害者を支援する制度について

配偶者の暴力(DV)から逃れて、自立した生活を始めるためにさまざまな支援を行っています。 詳しくは各制度の窓口にお問い合わせください。   (1) 児童手当 (2) 児童扶養手当 (3) ひとり親家庭医療費助成 (4) 特別児童扶養手当 (5) 母子父子寡婦福祉資金の貸付 (6) 母子家庭等自立支援給付金 ...

子育て応援パスポート事業

   福島県では、社会全体で子育てしやすい環境づくりを推進するため、市町村や事業者の方と連携して子育て応援パスポート事業を実施しています。    この事業は、子育て家庭がカードの交付を受け、当該カードの提示により、協賛店・協賛企業から子育て支援サービスを受けられるというものです。 カードの名称  ファミたんカード カード交付の対象世帯 ...

資格取得や技能習得のために母子家庭等自立支援給付金を支給します

  母子家庭等自立支援給付金事業は高等職業訓練促進給付金と自立支援教育訓練給付金からなり、資格取得や技能習得のために修学や受講をするひとり親のお父さん、お母さんを支援します。 ◆高等職業訓練促進給付金◆  ひとり親家庭の父又は母の方が、看護師、准看護師、介護福祉士等の資格取得のため、養成機関で修業する場合に、修業開始日から2年間を上限とし、費用を支給するものです。 対象者...

就学遺児激励金(平成25年度より制度が変わりました)

平成24年度までは、小学校1年生、中学校1年生を対象としていましたが、平成25年度より、就学遺児になられた時点で申請できるようになりました。 小学校在学時1回、中学校在学時に1回の支給となります。 対象者  会津若松市に住所を有する、父母(養子縁組をした場合は、養父母)またはそのいずれかが亡くなった小・中学校に在学する児童を扶養している方。  ※ ...

児童扶養手当 児童扶養手当の一部支給停止適用除外

制度改正について 対象者は、就労状況(求職中、職業訓練等を含む)または就労困難事由(障がい、負傷・疾病、看護・介護など)について確認する書類の提出が必要となります。 対象者には事前に通知しますので、期間内に必要書類を添えて提出ください。期間内に書類が提出されなかった場合、児童扶養手当の2分の1の金額が支給停止となる可能性があります。 ...