記事カテゴリ

記事カテゴリ お知らせ(国民健康保険) のコンテンツ。

あらかじめ限度額適用認定証の申請を(国民健康保険の方)

 平成31年度4月27日(土)から5月6日(月・振替休日)までについては、連休中につき限度額適用認定証等を発行できません。  入院等の予定があり、限度額適用認定証が必要になる方については、事前に申請し交付を受けてください。  申請に必要なものについては下記をご覧ください。   限度額適用認定証等について   お問い合わせ 会津若松市役所...

平成30年度国民健康保険税について

平成30年度国民健康保険税について      平成30年度国民健康保険税納税通知書は、平成30年7月10日(火)に発送します。   国民健康保険税の算出のしかた   各世帯の1年間(4月から翌年3月まで)の国民健康保険税額は、下図のように医療給付費分、後期高齢者支援金分及び介護納付金分の合計額になります。  ...

平成30年度国民健康保険税の税率について

  平成30年度以降の国民健康保険税率については、福島県から示される国保事業費納付金を基に設定することとなります。 福島県運営方針に基づき、現行の3方式(所得割・均等割・平等割)を継続するとともに、応能割(所得割)と応益割(均等割・平等割)との配分を踏まえ、国保事業納付金を基に、毎年度見直しを検討します。 ...

介護保険の適用除外施設について

会津若松市の国民健康保険に加入している40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)が、介護保険の適用除外施設に入所し、一定の要件を満たす場合は、介護保険の被保険者ではなくなります。 なお、介護保険の適用除外施設へ入所、または退所された場合は14日以内に届出をしてください。 介護保険の適用除外となる要件 根拠法令 介護保険法第11条第1項 ...

会津若松市国民健康保険第2期データヘルス計画・第3期特定健康診査等実施計画を策定しました

データヘルス計画とは、市が国民健康保険の保険者として、被保険者の健康・医療情報を分析して、重点的に取り組むべき健康課題等を明らかにし、特定健康診査等の保健事業を効果的・効率的に実施するための計画です。  特定健康診査等実施計画は、保健事業の中核となる事業の計画であり、二つの計画を一体化して策定しました。   ...

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

 平成30年4月から国民健康保険の運営に都道府県が加わり、資格の取得・喪失や高額療養費の多数回該当が県単位になります。  詳細については、以下のPDFファイルなどをご参照ください。 平成30年4月から国民健康保険制度が変わります.pdf(418KB)   加入者にはどんな影響があるの?  加入者の皆さんの医療の受け方に変更はありません。 ...

国民健康保険特別会計の平成29年度決算の概要

国民健康保険特別会計の平成29年度決算を報告します 医療費が増加しています    ...

国民健康保険特別会計の決算の概要

平成28年度決算の概要   平成28年度国保決算.pdf(560KB)   問い合わせ先 国保年金課医療給付グループ

国民健康保険税の軽減制度について

国民健康保険税の法定減額制度  国民健康保険税は国民健康保険制度の大切な財源です。  国民健康保険税は,皆さんの収入の申告に基づいて算定されています。  国の定める所得基準を下回る世帯については、軽減制度が適用となり、国民健康保険税の均等割額と平等割額の7割、5割又は2割が減額されます。  また、災害、破産などの特別な理由がある場合は、減免が受けられる場合があります。 ...

第2期国保事業運営健全化指針(平成29年度)を策定しました

 本市では、平成18年度に「会津若松市国民健康保険事業 運営健全化指針」を策定し、平成19年度から平成23年度までを第1期、平成24年度から平成28年度までを第2期として、国保財政の健全化に取り組んで きました。しかしながら、平成19年度以降も一般会計からの基準外の繰り入れを余儀なくされており、今後も継続して国保財政の健全化を図っていく必要があ ります。 ...

第3期国保事業運営健全化指針を策定しました

 本市では、平成19年度から「会津若松市国民健康保険事業運営健全化指針」(以下「健全化指針」という。)を策定し、国保財政の健全化に取り組んできました。  しかしながら、平成19年度以降も一般会計からの基準外の繰り入れを余儀なくされており、今後も継続して国保財政の健全化を図っていく必要があります。 ...

国民健康保険税の税率

  国民健康保険税については、平成23年度に策定した「第2期国民健康保険事業運営健全化指針」において、2年ごとの税率見直しを行うこととしています。   今回の改正は、資産割の廃止を行い、また、平成28年度及び平成29年度の2年間にわたる被保険者数や保険給付費の動向等を見通した上で、国民健康保険事業の運営を維持できる税率設定とするために行われました。  ...

第1期会津若松市国民健康保険データヘルス計画を策定しました

データヘルス計画とは、市が国民健康保険の保険者として、被保険者の健康・医療情報を分析して、重点的に取り組むべき健康課題等を明らかにし、特定健康診査等の事業を効果的・効率的に実施するための計画です。 計画策定に当たって分析した市国民健康保険の被保険者の皆さんの健診結果や医療機関への受診内容等の情報により、次のような現状が明らかになりました。 ...

国民健康保険税を年金から差引くことになります

平成18年度に医療制度改革にともなう地方税法改正が行われ、平成20年度より年金から国民健康保険税を差し引くこと(以下「特別徴収」といいます。)となりました。 以下の条件にすべてあてはまる世帯です 65歳以上75歳未満のみの国民健康保険の被保険者(世帯主も含む)で構成されている世帯 ...