記事カテゴリ

記事カテゴリ 保険証 のコンテンツ。

国民健康保険への加入手続き

   次のようなときは、かならず14日以内に手続きをしてください   すべての届出に必要なもの     国民健康保険のすべての届出に、以下のものが必要となります。 届出人(世帯主)と被保険者(該当者)の個人番号の確認ができるもの(個人番号カード又は通知カード等) ...

国民健康保険からの脱退手続き

   脱退できるのは社会保険等に加入されたり、会津若松市民でなくなったときだけです    次のようなときは、かならず14日以内に手続きをしてください すべての届出に必要なもの     国民健康保険のすべての届出に、以下のものが必要となります。 ...

国民健康保険証の再交付

国民健康保険被保険者証をなくしたり、汚れて使えなくなったときには、ご本人からの申請により国民健康保険被保険者証を再交付することができます   手続きに必要なもの   世帯主と被保険者(該当者)の個人番号カード又は通知カード 窓口に来庁される方の身分証明書 1点で確認可能なもの ...

新しい国民健康保険被保険者証を送付します

現在使用している国民健康保険被保険者証は、9月末で期限が切れます。 10月からは9月中旬に送付する新しい被保険者証を使用してください。 また、国民健康保険制度の改正に伴い今回送付する被保険者証から様式が変更となります。 なお、医療機関への受診や被保険者証の交付、保険税の納付先等の各種手続きはこれまでと変更はありません。 ...

高齢受給者証の更新

 現在使用している高齢受給者証は7月31日(火)が有効期限です。8月からは、7月下旬に送付される新しいものを使用してください。  7月26日(木)までに届かない場合は、ご連絡ください。   対象:国民健康保険に加入している70歳~74歳の方 有効期限が過ぎた高齢受給者証は、国保年金課、各支所・市民センターに返却してください   ...

国民健康保険証の送付先を変更できます

国民健康保険証は、毎年10月に更新されます。 新しい保険証の送付先を変更する場合や国保年金課窓口での受け取りを希望する場合は、申請してください。 ※ 申請による変更は今年度のみ適用です。 ※ 世帯ごとの変更です。   [申請に必要なもの] ・官公庁が発行する顔写真入りの身分証明書 ・印鑑 ・国民健康保険証 ※...

国民健康保険高齢受給者証

 70歳から74歳までの人は国民健康保険証と高齢受給者証で医療を受けます。    高齢受給者証には年齢並びに所得などに応じた自己負担割合が記載されています。    医療機関を受診するときには、必ず、国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を病院の窓口に提示してください。   ...

転出している学生用国民健康保険証

 国民健康保険に加入している人で、修学のために家族と離れ他の市区町村へ転出する人は、親元の市町村の国民健康保険に加入する制度です。    手続きに必要なもの 在学証明書(申請時の4月1日以降発行のもの)※新規及び有効期限延長の届出時に必須。 窓口に来庁される方の身分証明書(運転免許証等) ...

国民健康保険制度

国民健康保険は、健康のために加入しているみなさんがお金を出しあって助けあう制度です 現在、わが国の医療保険制度は国民皆保険となっています 日本に住む人は、原則として、いずれかの医療保険に加入しなければなりません 市内に住所がある人で、下記の職域保険制度や生活保護の対象とならない人は、すべて会津若松市が運営する国民健康保険の加入者となります ...