記事カテゴリ

記事カテゴリ 給付 のコンテンツ。

医療保険と介護保険の自己負担額が高額になったとき

1年間の医療保険と介護保険の自己負担額を合算した金額が、年間(毎年8月1日から翌年7月31日まで)の自己負担限度額(下記参照)を超える場合にその超えた部分が、それぞれの保険者より支給されます。 このことを、『高額介護合算療養費』といいます。 この高額介護合算療養費の支給を受けるためには、申請をする必要があります。 支給が見込まれる世帯には、申請書などの案内をお送りします。   ...

医療費の自己負担が高額の場合に支援します

 医療機関の窓口で高額な一部負担金を支払ったときに、自己負担限度額を超えた分について払い戻しを受けることができます。この自己負担限度額は、世帯の所得、年齢などによって定められています。   また、高額療養費の対象とならないものは、入院時の差額ベッド代、寝具代、タオル代、食事代や文書代などの、医療保険の適用外となるものです。  ...

限度額適用認定証について

限度額適用認定証等について 医療機関を受診する際、被保険者証と一緒に「国民健康保険限度額適用認定証」を提示することにより、医療機関別の1か月の窓口負担が高額療養費の自己負担限度額までとなります。  なお、市県民税非課税世帯に属する方は、医療費の限度額適用に加え、入院時の食事代が減額となる「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けられます。 ...

入院したときの食事代などを支援します

入院したときの食事代については、定められた金額を超える部分を国民健康保険が負担します。また住民税非課税世帯の方は申請により食事代が減額されます。 入院したときの食事代  入院したときは診療・薬代のほかに1食あたり定められた食事代を自己負担します。 〔自己負担額〕 区分 食事代(1食あたり) 一般 ...

国保の方が出産したとき、亡くなったとき

出産育児一時金とは、出産に要する費用の経済的負担の軽減を図るために、市国民健康保険に加入している被保険者の方が出産した場合に、その世帯の世帯主の方に支給されるものです。妊娠12週(85日)以上であれば、流産、死産の場合でも支給されます。 ...

自己負担分外の医療費を国民健康保険で支払います

国民健康保険に加入している方を国民健康保険の被保険者とよびます。被保険者の方は医療機関に国保の保険証を提示しますと、総医療費の一部を自己負担するだけで受診できます。自己負担分外の医療費は国保でお支払いします。但しこれは保険が適用される医療費に限ります。   ...

平成29年8月から、70歳以上の方の高額療養費の上限額が変わります

1か月に支払った医療費が高額になり、決められた上限額を超えた場合、上限額を超えてお支払いいただいた分を、申請により高額療養費として受け取ることができます。上限額は、個人もしくは世帯の所得に応じて決まっています。   平成29年8月から、70歳以上の方の上限額が下表のように変わります。   (平成29年7月まで) ...

法律で定められた特定の疾病の治療を支援します

厚生労働大臣が定める疾病を治療する場合は『特定疾病療養受療証』の交付を受けてください。この受療証を医療機関に提示しますと、1ヶ月に1つの医療機関での自己負担限度額が1万円となります。それを超える部分は国民健康保険で負担します。 ただし、慢性腎不全で人工透析を必要とする70歳未満の上位所得者については、自己負担額が2万円までとなります。 〔厚生労働大臣が定める特定疾病〕 ...

生活が一時的に苦しくなり医療費の支払いに困ったときは

会津若松市の国民健康保険に加入している世帯で、世帯主又は国民健康保険の加入している方が、災害等により生活が一時的に苦しく病院の窓口での一部負担金の支払が困難な場合は、支払の免除又は医療機関からの徴収を猶予する(後日、支払をいただくことになります。)ことができます。この制度を受けようとする場合は必ず申請が必要となります。 対象世帯 ...