記事カテゴリ

記事カテゴリ 国民健康保険税 のコンテンツ。

国民健康保険税の納税

他の健康保険加入者や生活保護受給者以外は、すべての人が国民健康保険に加入することが法律で定められています。国民健康保険の加入者は、国民健康保険税を納める義務があります。 国民健康保険税の納付がないと医療費の支払いができません。   国民健康保険税の納税義務者(支払をしなければいけない人) ...

国民健康保険税の軽減・減免制度について

国民健康保険税の法定減額制度  国民健康保険税は国民健康保険制度の大切な財源です。 国民健康保険税は,皆さんの収入の申告に基づいて算定されています。 国の定める所得基準を下回る世帯については、軽減制度が適用となり、国民健康保険税の均等割額と平等割額の7割、5割又は2割が減額されます。 また、災害、破産などの特別な理由がある場合は、減免が受けられる場合があります。 ...

国保税・後期高齢者医療保険料の休日・夜間窓口

国民健康保険税、後期高齢者医療保険料の納付や納付についての相談をお受けします。   相談などの場所・日時  市役所本庁舎1階の国保年金課の窓口で、毎月月末に開設しています。 休日窓口は、午前8時30分から午後5時までとなります。   夜間窓口は、通常勤務時間から午後7時30分までとなります。   ...

国民健康保険税を払わないとどうなりますか

   国民健康保険税は国民健康保険事業を運営するための大切な財源で、納税者自身が自主的に納期限内に納付する「納期内自主納付」が原則です。  納期限までに納税しないことを「滞納」といいます。  滞納は国民健康保険財政を圧迫し、納期内に納付いただいた方との公平性を損なうことにもなります。  このため、納期限を過ぎた国民健康保険税には、本来の税額のほかに延滞金が課せられます。 ...

国民健康保険税の特別徴収(年金差し引き)について

 国民健康保険税については、以下の条件に該当している場合、法令に基づき、世帯主の方の年金から差し引いて納めていただくことになります。   年金から差し引きとなる世帯 65歳以上75歳未満のみの国民健康保険の被保険者(世帯主も含む)で構成されている世帯 65歳未満の方が国民健康保険に加入している場合は該当となりません。 ...

国民健康保険税はどのようにして決まるのですか

国民健康保険税はどのようにして決まるのですか?     国民健康保険税はその年に予測される医療費から国・県・市からの補助金を差し引いた額を加入者の皆さんに負担していただくものです。 国民健康保険税は、世帯の加入者の所得等によって異なります。 税率については、会津若松市国保運営協議会の意見をお聞きし、税率改正は議会の議決を経て行われます。   ...