記事カテゴリ

記事カテゴリ 固定資産税 のコンテンツ。

固定資産税について

  目次   1 固定資産税について (1) 対象となる資産と納税義務者 (2) 税額の算定方法と納付方法について 2 土地に対する課税 (1) 評価のしくみ (2) 地目別の評価方法 (3) 住宅用地に対する課税標準の特例 (4) 被災住宅用地に対しての特例措置 3 家屋に対する課税 (1) 評価のしくみ (2)...

固定資産税の納税通知書を発送いたしました

 固定資産税の納税通知書は、毎年5月1日に発送しておりましたが、本年度は発送時期を変更し、4月22日月曜日より順次発送しております。 ...

固定資産の所有者が亡くなられた時の手続き

  土地や家屋に対する固定資産税は、毎年1月1日時点の所有者に対して課税されます。登記簿上の所有者が亡くなった場合、法務局で相続登記の手続きをしていただくことになります。 相続登記が完了していない場合 ...

平成30年度は固定資産の評価替えを行います

 固定資産税は、土地や家屋、償却資産の評価額をもとに算出しています。土地や家屋の評価額は3年ごとに見直す制度がとられており、これを「固定資産の評価替え」といいます。   ...

固定資産税の実地調査へのご協力と変更連絡のお願い

固定資産税の適正な課税には、土地や家屋などの固定資産の利用状況の調査と、それらに変更があった場合の状況把握が不可欠です。 実地調査と変更連絡にご協力をお願いします。   実地調査    地方税法第408条では固定資産税の適正な課税の確保を目的として、固定資産の状況を毎年1回以上、実地調査するよう義務付けています。 ...

実地調査のご協力と変更連絡のお願い

固定資産税の適正な課税には、土地や家屋などの固定資産の利用状況の調査と、それらに変更があった場合の状況把握が不可欠です。 実地調査と変更連絡にご協力をお願いします。   実地調査    地方税法第408条では固定資産税の適正な課税の確保を目的として、固定資産の状況を毎年1回以上、実地調査するよう義務付けています。 ...

税務課での各手続きにおいて、マイナンバーの記載が必要になります

 税務課で行う各手続きにおいて、順次マイナンバー(個人番号又は法人番号)の記載が必要となります。  個人番号を記載した場合、マイナンバー法に基づき番号と身元の確認を行いますので、本人確認に必要な書類等(通知カード+運転免許証等)をお持ちください。  マイナンバー制度の詳細やマイナンバー法に基づく本人確認に必要な書類等は下記リンクをご確認ください。   ...