記事カテゴリ

記事カテゴリ 健康づくり のコンテンツ。

健康づくりプロジェクト「會津LEAD」

「會津LEAD」  第二次健康わかまつ21計画の基本方針である「生活習慣病の発症予防と重症化予防」、「より良い生活習慣の獲得」を推進するために、市民の皆様一人ひとりが自ら健康に関心を持ち、健康づくりに取り組むことが必要です。そこで、市民の皆様の生活習慣病に対する意識の向上と生活習慣の改善を推進し、成人の肥満者の減少を図るために、健康づくりプロジェクト「會津LEAD」を立ち上げました。...

運動の前後や、生活の中のすきま時間にストレッチを行いましょう

 みなさんはストレッチを行う習慣はありますか。  運動の前後にはもちろんのこと、あまり運動をしないという方もまずは自宅や職場などでストレッチから取り組んでみましょう。  また、美しい姿勢を保つために、すきま時間にストレッチをする習慣を身につけましょう。   ストレッチの目的と効果 ...

体組成測定会のお知らせ

 年齢とともに筋肉は衰えてくるものですが、さらに運動不足などが加わると将来介護のリスクが高まります。体組成の測定では体の筋肉や脂肪の割合をより詳しく測定できます。体組成測定のほかに、講義とご自宅でもできる簡単な運動を行います。お気軽にご参加ください。   内容 ...

健康的な生活のために必要な筋肉を維持しましょう

   健康的な生活のために必要な筋肉は、主に「立つ」、「歩く」、「姿勢を維持する」ための筋肉です。 具体的には、大腿四頭筋(太ももの前側)、大臀筋(お尻)、腹筋群(おなか)、背筋群(背中)があげられます。 筋肉量は加齢と生活習慣が深く関わっています。   加齢による筋力の低下 ...

糖尿病をご存知ですか

糖尿病ってどんな病気?  メディアでもよくとりあげられており、生活習慣病のひとつである「糖尿病」ですが、どのような病気かご存じですか。    糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリン※というホルモンの不足や作用低下によって血糖値の上昇を抑える働き(耐糖能)が低下し、高血糖が慢性的に続く代謝疾患群です。 ...

医食同源介護予防教室会津元氣塾に参加しませんか

 健康寿命を延ばすための専門的な知識の説明や実演を、各専門分野の医師(神経内科、整形外科、リウマチ、膠原病など)や歯科医師、言語聴覚士、日本料理人が行います。  ぜひ、ご友人やご家族をお誘いのうえ参加ください。 日時・内容・講師 日時 内容 講師 ...

介護予防教室に参加してみませんか

いきいきわくわく介護予防教室  市では、いつまでも元気にいきいきと暮らしていくために、手軽にできる体操やストレッチ、脳と体のトレーニング、食生活や口腔内のケアについての話などを楽しく行う、介護予防教室を開催しています。   対象  おおむね65歳以上で15分程度の運動ができる要支援・要介護・事業対象者の認定を受けていない方 日時・場所 ...

ふくしま健康長寿フェスティバルが10月19日・20日に会津若松市で開催されます

あなたの健康や体力を「測る(はかる)」「延ばす(のばす)」各種ブースやステージプログラムで、笑って、動いて、楽しみながら、からだと心の健康づくりをしてみませんか。   イベント概要 開催日  令和元年10月19日(土)・20日(日)  時間  10時から15時30分まで(予定) 会場   会津若松市鶴ヶ城体育館東側駐車場  ...

令和元年度 第35回会津若松市健康まつりを開催します!(9月29日開催)

 健康まつりは、市民の皆さんが日常生活の中で積極的に自らの健康づくりに取り組むきっかけとなるよう、健康なまちづくりの推進を目的として、毎年開催しているものです。 ...

体組成測定の出前講座を行います。

年齢とともに筋肉は衰えてくるものですが、さらに運動不足などが加わると将来介護のリスクが高まります。体組成の測定では体の筋肉や脂肪の割合をより詳しく測定できます。今回、サークル活動を行っている団体等を対象に業務用体組成計による体組成測定の出前講座を対象に行います。測定を希望する場合は、日時、人数、会場等について調整いたしますので、事前に健康増進課までご相談ください。   ...

自殺予防週間

 国及び地方共同団体では、自殺対策基本法に基づき、毎年9月10日からの1週間を 「自殺予防週間」 と位置づけ、自殺についての誤解や偏見をなくし、正しい知識の普及に努めています。  本市では、今年度に策定した 「会津若松市自殺対策推進計画」 により、心の健康づくりや自殺予防対策を推進していきます。自ら命を絶っている状況は決して少なくなく、その多くは未然に防ぐことが可能とされています。 ...

会津若松市自殺対策推進計画

 「会津若松市自殺対策推進計画」を策定しました!  ...

健康づくりのための身体活動量のめやす

運動不足は、日本人の死亡に関連する危険因子の第3位です 日本人の死亡に関連する危険因子について、運動不足は、「喫煙」、「高血圧」に次ぐ第3位です。 身体活動量が多い人は、低い人に比べて、生活習慣病の発症や死亡リスクが低いと言われており、身体活動の種類によらず、日頃からよく動くことが健康のために大切です。   ...

医食同源介護予防教室会津元氣塾に参加しませんか

 健康寿命を延ばすための専門的な知識の説明や実演を、各専門分野の医師(神経内科、整形外科、リウマチ、膠原病など)や歯科医師、言語聴覚士、日本料理人が行います。  ぜひ、ご友人やご家族をお誘いのうえ参加ください。 日時・内容・講師 日時 内容 講師 ...

会津若松市の肥満の状況をご存知ですか?

肥満とは 食事によって摂取したエネルギーが、日常生活の中で使われるエネルギーを上回ると、余ったエネルギーが内臓脂肪として蓄積されてしまいます。内臓脂肪が過剰に蓄積した状態が「 肥満 」です。肥満の判定には、BMIや腹囲が用いられています。   BMIとは BMI(Body Mass...

離乳食は順調ですか(中期食)

5、6か月から始めた離乳食は、順調に進んでいますか? 「食べる量が少なくて心配」「この状態でいいのかな」など、進めるうちに新しい悩みも出てくる頃かと思います。 今回は、中期食(7から8か月ころ)のポイントをお伝えします。 離乳食の回数は? 離乳食を始めてから1か月たったら、2回食に増やしましょう。色々な食べ物を食べられるようになるために、練習を繰り返します。 ...

今より10分多くからだを動かしましょう(プラス10に取り組みましょう)

 みなさんは「プラス10(テン)」という言葉を耳にしたことがありますか。 厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」で定められた基準を達成するための実践の手立てとして、国民向けのガイドライン「 アクティブガイド(外部リンク) 」が示されました。そこで、プラス10が推奨されています。   プラス10(テン)とは ...