記事カテゴリ

記事カテゴリ 農家の方へ(各種施策) のコンテンツ。

人・農地プランについて

  人・農地プランとは、その名のとおり、集落や地域の「人」と「農地」の問題を解決するための「未来の設計図」です。   高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、全国的に5年後・10年後の農業の展望が描けない地域が増えている中、地域の将来像を検討し、課題を抽出・解決していくための計画書です。課題を抱える全国の地域で、プランづくりが進められています。 ...

農業制度資金について

農業制度資金  国または地方公共団体が、民間金融機関の融資に対して利子補給を行うことなどにより、農業者等に低利で資金を融通する制度です。     会津若松市農業経営資金利子補給事業 ...

小動物捕獲用の箱わなを貸し出します

ハクビシン等による農作物被害や、屋根裏に住み着くなどの生活環境被害が発生している場合に、市で有害鳥獣捕獲許可と捕獲用箱わなを貸し出します。   箱わなについて  間口:約27cm  高さ :約32cm  奥行:約82cm    貸し出し条件 ...

農作物の高温・干ばつ対策を徹底してください。

猛暑が続いています!農作物の管理を徹底してください。  今年は例年になく猛暑が続いています。  農作業時の熱中症対策など健康管理に十分注意するとともに、農作物の高温・干ばつ対策を徹底してください。   果樹の高温・干ばつ対策について  福島県会津農林事務所とJA会津よつば西部営農経済センターが果樹の高温・干ばつ対策に関する果樹情報...

農業用使用済プラスチックの一斉回収を行います

 農家の方であれば、どなたでもお持ちいただけますので、ぜひこの機会にお持ちください。(必ず指定された日時にお持ちください。)   回収場所・日時   JA会津よつば 会津若松、門田 各営農経済センター:平成30年6月10日(日)午前9時から正午まで JA会津よつば 湊、河東 各営農経済センター   ...

会津若松市地域水田フル活用ビジョンについて

会津若松市地域水田フル活用ビジョンについて 会津若松市地域水田フル活用ビジョンとは  「会津若松市地域水田フル活用ビジョン」とは、水田を有効に活用し、特色ある産地づくりに向け、主食用米、非主食用米、地域振興作物等の生産の方向性等を示した地域農業の設計図として策定したものです。 ...

木材チッパーの貸し出しについて

 野生鳥獣による農作物被害を防止するため、里山や農地周辺の藪などを伐採した場合に、その枝木等をチップ化する木材チッパー(破砕機)を貸し出します。  チップ化したものを農道や作業道、又は農地に設置する電気柵の下などに敷くことで防草用マルチング材として利用することができます。   ...

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想の変更について

「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」を下記のとおり変更いたしました。   施行月日 平成27年9月28日 (会津若松市公告第357号)   趣旨・目的 ...

ふくしま産業復興投資促進特区(農林水産業特区)について

東日本大震災特別区域法に基づき、福島県と52市町村が申請した「ふくしま産業復興投資促進特区(農林水産業特区)」が平成25年11月29日に認定されました。 これにより、農家等が、復興産業集積区域(市街化区域外)で、新規投資や被災者雇用等を行う場合、市の指定を受けることにより、税制上の特例措置を受けることが可能となりました。 ...

認定農業者について

認定農業者とは 今後5年間で、どのように農業へ取り組むかについて計画(農業経営改善計画)を立て、その計画を市に認定された 『農業経営のスペシャリスト』 です。 経営改善に意欲的で、やる気と能力のある農業者であり、平成28年3月末現在、市内には355名の認定農業者さんが活躍中です。     認定農業者のメリット ...