記事カテゴリ

記事カテゴリ お知らせ のコンテンツ。

黙とうをささげるサイレンを鳴らします

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から8年が経過します。 犠牲者の方々に哀悼の意をささげるため、市役所本庁舎のサイレンを鳴らします。 サイレンに合わせて黙とうをささげましょう。   とき 平成31年3月11日(月)午後2時46分 ※1分間   お問い合わせ 会津若松市役所 危機管理課 ...

原子力損害賠償に関する相談窓口

東京電力による相談窓口 会津アピオ (会津若松市インター西52) 受付時間 : 月曜日から金曜日 9:00~17:00(事前予約制) 予約受付電話 : 0120-996-546(土日、祝日を除く前々日の17時まで)   東京電力株式会社福島原子力補償相談室(コールセンター) 受付時間 : 平日 9:00~19:00  ...

県民健康調査について

  県では、福島第一原子力発電所の事故に伴う、放射能の影響による不安解消や将来にわたる健康の維持・増進を図ることを目的に、「県民健康調査」を実施しています。   この調査には、健康管理の基礎データとなる「基本調査」と健康状態を把握するための「健康診査」「甲状腺検査」「妊産婦に関する調査」などがあります。  調査の詳しい内容については、下記をご覧ください。 ...

被災者のくらし再建相談ダイヤルを設置しました

 福島県では、東日本大震災、福島第一原子力発電所の事故により被災された皆さん、避難されている皆さんの帰還や生活再建に関するご相談をお受けする電話相談窓口を設置いたしました。  ご相談に応じて、県で実施している各種支援策や関係機関の取組み、担当窓口の連絡先などをご案内いたします。 電話相談窓口 電話番号 0120-303-059(フリーダイヤル) 受付時間 ...

福島県外で内部被ばく検査を実施しています

 福島県では、県民の安全・安心と将来にわたる健康管理のため、原子力発電所の事故の影響により福島県より避難されている方を対象として、ホールボディカウンターによる内部被ばく検査を一部県外で実施しています。  下記の県や地域へ避難されている方を対象とした内部被ばく検査を行なっていますので、対象者や申込み方法等をお知らせします。 ...

コミュニティ復活交付金について

 長期避難者のための安定した生活環境を確保し、長期にわたる避難生活を安心して過ごせるよう、コミュニティを維持しつつ、災害公営住宅の整備を中心とした生活拠点の形成を促進する目的で創設された交付金(長期避難者生活拠点形成交付金)です。   生活拠点形成事業計画  「生活拠点形成事業計画」は、福島復興再生特別措置法に基づき、コミュニティ復活交付金を活用するために作成する計画です。 ...

被災者生活再建支援金

今回の震災で住宅に被害があった世帯を対象に、被害状況や再建方法に応じて支援金が支給されます。申請には「り災証明」が必要です。     対象世帯 住宅が全壊した世帯(全壊) 住宅が半壊、または住宅の敷地に被害が生じ、やむを得ずその住宅のすべてを解体した世帯(半壊解体) 震災により危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間続いている世帯 ...

住宅の二重ローンの返済を支援します

 福島県では、東日本大震災で住宅に被害を受けた人の生活再建を支援するため、住宅の二重ローンを抱える方に対する利子補給を行います。【福島県住宅復興資金(二重ローン)利子補給事業】  補助を受けるにあたっては、被災程度や融資残高、新規借入額などの条件があります。    詳しくはこちらをご覧ください。 ...

り災証明書(罹災証明書)を交付します

雪害や地震災害で建物などに被害があった場合、り災証明書(罹災証明書)を交付します。   り災証明書の交付申請 申請の際に必要になる物 申請に必要なものは、下記のとおりです。 り災証明願 り災証明願.odt(21KB) り災証明願.pdf(65KB) 写真 ...

東日本大震災の当市における被害状況

地震の状況 発生日時:3月11日(金)午後2時46分発生 震源地:三陸沖 マグニチュード:9.0 会津若松市の震度:5強   被害状況 死傷者 負傷者 負傷者のうち重傷者 死亡者 6名 0名 1名   住居の破損 ...