記事カテゴリ

記事カテゴリ その他の備え のコンテンツ。

「シェイクアウトふくしま」(県下一斉安全確保行動訓練)の実施について

福島県では、地震発生時に真っ先に行うべき安全確保行動を学び、身につける機会として、県下一斉安全確保行動訓練「シェイクアウトふくしま」を実施します。 この機会に、地震から身を守る行動を確認しましょう。 なお、この訓練は平成29年度から実施されており、今年度で3度目となります。   「シェイクアウト訓練」とは? ...

山火事に注意しましょう

「忘れない 豊かな森と 火の怖さ」(平成31年全国山火事予防運動統一標語)  会津若松市の面積の約55%は森林であり、森林は木材の供給のみならず、国土と自然環境の保全や水資源のかん養などの重要な役割を果たしています。 ...

春季全国火災予防運動が実施されます

平成31年春季全国火災予防週間が実施されます!!   1 目的  この運動は、火災が発生しやすい時期を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。   2 実施期間 ...

第2回あいづわかまつ地域福祉を考えるセミナー ~地域防災について考える~ を開催します

本市では、「自助・共助・公助の連携による災害被害の少ない会津若松市」を目標として防災対策への取り組みを行っています。 近年多発している大規模災害から地域を守るためには、平時からのコミュニティづくりや、要配慮者への支援体制など、地域で助け合う「共助」の力が特に重要となります。 ...

梅雨期及び台風期に発生する山地災害等への備えについて

災害への備えについて   近年、極めて突発的に山地災害等が発生する場合が増えています。 そのため、避難勧告等が発令されていない状況であっても、自分自身が危険であると判断した際には、躊躇せず避難するようにしてください。   また、梅雨時期及び台風期を迎えるにあたり、再度山地災害等への備えを確認してみてください。  ...

会津若松市災害時要配慮者支援プラン(全体計画)を策定しました。

 災害発生時又は発生の恐れがあるとき、自分自身を守るための情報収集及び自力避難が困難である等、災害時の一連の行動に対して支援を必要とする人を災害から守るため、地域や防災関係機関、福祉関係機関等と連携して、要配慮者に対する防災・避難体制の整備、支援策の充実を図ることを目的として、 「会津若松市災害時要配慮者プラン(全体計画)」を 策定 しました。   計画の内容 ...

秋季火災予防週間が始まります

11月9日から1週間「秋季火災予防週間」が始まります。いつも以上に防火の意識を高め、命を守る3つの習慣を心がけ、4つの対策を考えてみましょう。   1 目 的 ...

防災広報 非常持出品の備え

 大規模な災害が発生した場合に備え、家庭内備蓄(非常持出品) の準備を各家庭にて行ってください。 普段食べたり、使用したりする物を余分に買っておくことで、災害発生時に余分に買っておいたものが備蓄品として活用できることもあります。 また常用薬については、一人ひとり必要なものが異なり、災害発生時に入手困難になることがありますので、普段からぜひ多めに購入しておく等の対策をお願いします。 ...

防災広報 地震から身を守るための心得10ポイント

地震への日頃の備えを万全に 火災発生!そのとき・・・地震発生!そのとき・・・ 地震から身を守るための心得10ポイント   1 まず身の安全を ケガをしたら火の始末や避難行動に支障が生じる。 家具類などの転倒・移動防止対策をしておくことが肝心。 2 すばやく火の始末 ふだんから習慣づけておくことが大切。火元付近に燃えやすいものを置かない。 ...