記事カテゴリ

記事カテゴリ 法制度(住宅) のコンテンツ。

市街化調整区域に建築できる建物

市街化調整区域で新規に建築等できるもの 市街化調整区域は、市街化を抑制する区域であるため、都市計画法第34条各号(立地基準)に規定された建築物でなければ、新規に建築又は用途変更することができません。 新規に建築できる建築物は、立地場所、敷地面積、隣接する道路などのさまざまな要件に合う場合にのみ許可の対象となります。 ...

特別用途地区内における建築物の制限に関する条例

 市では、中心市街地の活性化に関する施策を総合的に推進するとともに、無秩序な都市機能の拡散を抑制し、本市が目指す「コンパクトシティの連担した市街地構造」を実現するため、中心市街地活性化基本計画の策定とあわせ、準工業地域において、都市構造に影響を与える大規模集客施設の立地を制限する条例を制定いたしました。    条例について ...