記事カテゴリ

記事カテゴリ 1歳半~2歳未満の子どもがいる親 のコンテンツ。

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当は、身体又は精神に一定の障がいのある20歳未満の児童を監護又は養育している保護者等に支給されます。 ...

ひとり親家庭医療費助成について

ひとり親家庭の親と児童及び父母のない児童の、医療費の一部を助成します。   ※平成29年10月1日診療分からひとり親家庭医療費の助成方法が一部変更となりました。         詳しくは こちら     ひとり親家庭医療費受給の更新方法が変わります ...

子ども医療費助成制度

 子どもの健康増進を図るため、保険診療にかかる医療費の一部負担金及び入院時食事療養費を助成します。助成を受けるには、事前に登録が必要です。 助成の対象は保険診療で、子どもの出生、転入及び社会保険等に加入時から受けることができます。ただし、健康保険から支給される高額療養費及び附加給付等がある場合は、それを差し引いた分を助成します。所得による制限はありません。   ...

児童手当について

  児童手当について 児童手当制度についてご案内します(以下のメニューをクリックするとジャンプします)。   ・ 児童手当のマイナンバー対応について ・ 児童手当制度の目的 ・ 支給対象 ・ 支給要件 ・ 支給月額 ・ 支給月 ・ 申請方法 ・...

児童手当のマイナンバー対応について

児童手当の手続きにもマイナンバーが必要になります。 平成28年1月1日よりマイナンバー制度が施行されました。 「マイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)」の施行により、児童手当の手続きの一部に「マイナンバー」が必要になります。 マイナンバーが必要な児童手当の申請 次の手続きの際、マイナンバーが必要です。 ...

認可保育所・認定こども園・幼稚園等一覧

対象年齢は、下記のとおりです。 支給認定(1~3号認定)の申請と施設入所申し込みが必要です。1号認定は直接各施設へ、2~3号認定は市こども保育課(各施設経由可)へ申請してください。 保育所等において、各種保育サービスを行っております。直接各施設へお申し込みください。 開所時間は、延長保育を含めた最長開所時間を表示しています。 ...

保育所 病児保育

 病気のため、保育所や学校などに通えないお子さんをお預かりする施設です。 お父さん、お母さんの仕事などの都合で、どうしてもご家庭でお子さんを保育できない場合にご利用ください。    令和2年12月1日(火)より、開所時間が変更になりました。  開所時間が以下のとおり変更になります。   【病児保育所さくら 開所時間】 ...

幼児教育・保育の無償化について

2019年(令和元年)5月に、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律が成立し、本年10月から「幼児教育・保育の無償化」が実施されます。 ご利用施設等により、認定申請が必要となりますので、無償化に伴う申請手続きをご確認ください。 制度の概要 趣旨・目的 ...

令和3年度保育所・認定こども園等の利用申込について

 保育所・保育園とは、保護者が仕事や病気などのため、日中、家庭で保育できない状態にある児童を、保護者に代わって保育する児童福祉施設です。  認定こども園(幼保連携型・幼稚園型)とは、保育所機能と幼稚園機能の両方を一体的に提供する施設です。教育時間のあと、保育認定を受けている児童は、保育所と同様の保育を受けることができます。  詳しくは...

乳幼児の予防接種について

ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(破傷風、ジフテリア、百日せき、ポリオ)、不活化ポリオ、BCG、麻しん風しん、日本脳炎、二種混合(破傷風、ジフテリア)、水痘(水ぼうそう)、B型肝炎、ロタ、及び子宮頸がんの定期の予防接種についてお知らせします。 予防接種に関する基本的なこと ...

母子・父子・寡婦福祉資金貸付

 「母子家庭」、「父子家庭」及び「寡婦」の方の経済的自立を支援するため、無利子又は低利子で各種資金の貸付を行っています。(貸付に際しては、連帯保証人が必要となる等、要件を満たす必要があります。) 対象者 母子福祉資金 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子。 20歳未満の父母のない児童。 父子福祉資金 ...

ファミたんカードをご利用ください

   福島県では、社会全体で子育てしやすい環境づくりを推進するため、市町村や事業者の方と連携して子育て応援パスポート事業を実施しています。子育て応援パスポート「ファミたんカード」を全国の協賛店・協賛企業で提示すると、子育て支援サービスを受けることができます。   カード交付の対象世帯 ...

令和3年度会津若松市立幼稚園入園児募集

令和3年度会津若松市立幼稚園入園児募集    令和3年度の会津若松市立幼稚園(河東第三幼稚園)の入園児を募集します。  河東第三幼稚園は、平成27年4月より子ども・子育て支援新制度に移行しました。これに伴い、幼稚園への入園に当たり、入園願書の提出にあわせて、教育給付を受けるための認定(1号認定)を受ける必要があります。   入園資格 ...

自立支援医療(精神通院)

精神科に通院している方の医療費の負担を軽減する制度です。   対象者  精神の疾患により、精神科に継続した定期的な通院を必要とする方。なお、入院している方は、対象になりません。   費用負担    総医療費の1割が自己負担となります。ただし、世帯の収入等により月額負担上限が設けられます。   ※...

自立支援医療(更生医療・育成医療)

自立支援医療(更生医療・育成医療) 障がい程度の軽減、除去または進行を防ぎ、職業更生・日常生活の向上を図るための公費による医療給付制度です。   対象者等 ○満18歳以上で身体障害者手帳を所持している方(更生医療)  ○満18歳未満で身体障害者手帳を所持している方、または現存する疾患が放置すると将来障がいを残すと認められる方(育成医療) ...

ファミリー・サポート・センター

  子育ての困った!は ファミリー・サポート・センターへどうぞ! 「たまにはママだってゆっくりしたい!」 「困った、残業で子どもを迎えに行けないな・・・」       「病院に行きたいけど、子どもを連れて行けない・・・」 そのほかにも、 保育施設(保育園、幼稚園、こどもクラブ)への送迎。 ...

地域子育て支援センター

地域子育て支援センターでは、お子さんを持つすべての家庭を対象に、園庭開放や、育児アドバイス、季節の行事、保護者同士の交流の場の提供など、さまざまな子育て支援の事業を実施しています。是非お気軽にご利用ください。お問合せは、下記の実施施設へお電話ください。   子育て支援チラシ令和2年度版.pdf ...

ひとり親家庭の資格取得や技能習得、学び直しを支援するための給付金を支給します

 ひとり親家庭自立支援事業は、次の3つの事業からなります。 高等職業訓練促進給付金 自立支援教育訓練給付金 高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金                                 資格取得や技能習得、学び直しのために修学や受講をするひとり親のお父さん、お母さんを支援します。 ...

お子さんの健康診査(乳幼児健康診査)

新型コロナウイルス感染症に伴うお知らせ 保健センターで実施する乳幼児健診(4か月児健康診査、1歳6か月児健康診査、3歳6か月児健康診査)は、現在のところ規模を縮小し、感染防止対策を講じて実施しております。なお、今後の状況の変化により延期する場合がございますので、市のホームページ等、最新の情報をご確認ください。   新型コロナウイルス感染症予防の対応について ...