商工・農林業 [農林業]  2018.03.09

クマの出没にご注意ください


ツキノワグマにご注意を!

クマの目撃情報が寄せられており、会津管内におきましては人身被害が発生しております。

 

クマは春から秋にかけて、食べ物を求めて活発に行動します。山菜採りや登山等で山に入る際、また山林の近くで作業を行う際は十分に注意しましょう。

 

ツキノワグマの生態について

◇大きさ(成獣)・・・体長110~150cm
             体重80~120kg

◇感覚器官・・・聴覚→非常に優れている。
          嗅覚→非常に優れている。
          視覚→あまり良くない。

◇身体能力・・・走る速さは時速40kmに達する。
          するどいツメを持っており、木に登ることができる。
 

山林へ入る場合や山林の近くで作業する際の注意点

※クマに出会わないために

  • 鈴、笛、ラジオなどの、音が出るものを身につけ行動しましょう。
  • クマの行動が一番活発な時間帯である、明け方と夕方の行動は避けましょう。
  • クマの足跡やフンを見つけたらその先には行かず、引き返しましょう。
  • 1人での行動は避け、2人以上で行動しましょう。
 

※クマに出会ってしまった時

  • 急に大声をあげたり、あわてて走って逃げてはいけません。
  • クマから目を離さずに、静かにできるだけゆっくりと後退しながらクマから離れます。
  • クマとの間に立木などがあると突進を防ぐことができます。
  • 子グマの近くには母グマがいます。小さい子グマであっても決して近寄ってはいけません。
  • クマ撃退スプレー(唐辛子の成分であるカプサイシンを発射するスプレー)は、クマ撃退に効果があるので携帯するのもよいでしょう。
  • もし、クマが襲ってきた場合は、両腕で顔、頭を覆いましょう。
  • 絶対にしてはいけない行為 ●大声で叫ぶ ●石や棒などを投げつける ●背中を見せて逃げる
 
 詳細については、クマ注意チラシ(福島県)(314KB))をご覧ください。
 

クマを人里へ近づけさせないために

  • 山に入った時や、キャンプ時の生ごみは必ず持ち帰りましょう。(人間の食べ物の味を覚えると故意に人間に近づくようになります。)
  • 人家周辺のクマが隠れることができる藪などは伐採しましょう。また、立木の伐採については、事前に農林課へご連絡ください。
  • 収穫しない果実などは、放置せずに早めに処理しましょう。
 

 

お問い合わせ先


みんなのコメント


匿名

熊\(・`(ェ)・)/ 

投稿日時:2016.06.25 22:26


関連記事