記事カテゴリ

配偶者控除および配偶者特別控除の見直し(平成31年度~)

平成31年度(平成30年分所得)より、配偶者控除および配偶者特別控除が次のとおり見直されます。

 

改正の概要

 

配偶者控除について

 納税者の合計所得金額が900万円(給与収入1,120万円)を超えると、控除額が段階的に減少し、1,000万円(給与収入1,220万円)を超えると配偶者控除は適用されなくなります。

 

配偶者特別控除について

 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が「38万円超123万円以下」と拡大され、その控除額が下記の一覧表のとおり改正されました。

 
平成31年度以降の配偶者控除額および配偶者特別控除額の一覧表
区分

配偶者の

合計所得金額

控除額〔納税義務者の合計所得金額により異なります〕

900万円以下

(1,120万円以下)

900万円超
950万円以下
(1,120万円超
1,170万円以下)
950万円超
1,000万円以下
(1,170万円超
1,220万円以下)

 1,000万円超

(1,220万円超)

配偶者控除

38万円

以下

配偶者が

70歳未満

33万円
22万円
11万円

0円

配偶者が

70歳以上

38万円
26万円
13万円
0円

配偶者特別

控除

38万円超
90万円以下
33万円
22万円
11万円
0円
90万円超
95万円以下
31万円
21万円
11万円
0円
95万円超
100万円以下
26万円
18万円
9万円
0円
100万円超
105万円以下
21万円
14万円
7万円
0円
105万円超
110万円以下
16万円
11万円
6万円
0円
110万円超
115万円以下
11万円
8万円
4万円
0円
115万円超
120万円以下
6万円
4万円
2万円
0円
120万円超
123万円以下
3万円
2万円
1万円
0円
 123万円超
0円
0円
0円
0円

(注)合計所得金額が1,000万円を超える納税者は、配偶者控除および配偶者特別控除の適用を受けることはできません。

 

適用時期

平成31年度(30年分)以後の所得申告について適用されます。

 

お問い合わせ