記事カテゴリ

記事カテゴリ 商工・農林業 のコンテンツ。

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果について

会津若松市産の農産物等に関する緊急時モニタリング検査結果についてお知らせいたします。 現在、会津若松市産の農産物は摂取および出荷を差し控える対象とはなっていません。 なお、野生きのこの出荷等についての詳細は、 出荷用野生きのこのモニタリング結果の最新情報等 をご参照ください。 ...

おいしさ満点!栄養満点!愛情満点!「まんてん会津フェア」を開催しています【会津地域経済循環推進協議会】

会津を食べて、飲んで、知ってもらうイベントです まんてん会津フェアとは   会津地域経済循環推進協議会では、事務局の会津若松市と連携協定を結んでいる埼玉県さいたま市内の飲食店で会津地域の食材を使ったメニューや、会津清酒などを提供してもらうイベントを開催しています。 ...

さいたま市の飲食店とのオンライン商談会を開催します【会津地域経済循環推進協議会】

 さいたま市の飲食店とのオンライン商談会参加者を募集します  令和3年10月30日(土)から11月30日(火)まで開催する、「秋のまんてん会津フェア」に参加予定のさいたま市内の飲食店と会津地域の食材を取り扱う事業者とのオンライン商談会を開催します。以下の内容で会津地域の生産者や加工業者、食材取り扱い事業者などを募集します。   ...

セーフティネット保証制度

 この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障が生じている中小企業者について、資金繰りの円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証を行う制度です。  詳しくは 中小企業庁のホームページ をご覧ください。   なお、 危機関連保証についてはこちら をご覧ください。 1 制度の概要 ...

農政部農林課の業務が再開します

令和3年9月3日付、市ホームページ公表で、有害鳥獣の駆除並びに鳥獣の捕獲に関する業務を除いて停止しておりました、農政部農林課の業務につきまして、下記内容により再開いたしますのでお知らせいたします。  業務停止期間中は、市民の皆様に多大なるご不便をおかけいたしましたこと心よりお詫び申し上げます。   再開する業務および日時 令和3年9月13日 月曜日...

雇用・労働情報のページ

目次 お知らせ   「就職フェアinあいづ」が終了しました 働き方改革への対応を支援します 最低賃金が変更になります 労働基準監督署に「労働時間相談・支援コーナー」が設置されました 平成30年4月から無期労働契約への転換申込みが本格化します! ...

令和3年度会津産IT技術認定のプレゼンテーションを行います

令和3年度会津産IT技術が認定されました。 令和3年度の会津産IT技術が下記のとおり認定されました。 奨励賞 株式会社会津コンピュータサイエンス研究所 代表取締役所長 久田 雅之 「ComiAI-混雑状況見える化システム-」 ...

会津若松市産農産物の販売促進チラシについて

販売促進チラシをご利用ください ○緊急時モニタリング検査の結果、基準値を下回っていることが確認された会津若松市産農産物の販売促進チラシを作成しましたので、ご利用ください。 ○今後も緊急時モニタリング検査が実施され、基準値を下回っていることが確認された農産物については、販売促進チラシを掲載していきます。   販売促進チラシ一覧(令和3年9月1日現在) ...

地産地消サポートクラブキャンペーン開催中です!

地産地消サポートクラブキャンペーン   地産地消サポートクラブでは、ご家庭で「地産地消の活動」を実践していただいたサポートクラブ会員の中から、抽選で20名様に5,000円相当の「地産地消商品の詰め合わせ」をプレゼントするキャンペーンを9月17日(金)まで開催しています。   ...

飲食店の皆様への時短営業の要請及び時短協力金について

 福島県内における新型コロナウイルス感染症の急激な拡大を受け、福島県は「まん延防止等重点措置」の区域となったいわき市・郡山市・福島市を除く県内全自治体を対象に「集中対策」として9月12日まで感染症拡大防止対策を実施することとしました。  会津若松市においても、市内の飲食店等に以下の通り、営業時間の短縮の要請が発出されておりますので、ご協力をお願いします。 ...

ICTオフィス環境整備事業 -ICT関連産業の集積-

 本事業は、スマートシティ会津若松の取組みの一環として、首都圏などのICT関連企業が機能移転できる受け皿としてオフィス環境を整備し、ICT関連企業の集積により、首都圏からの新たな人の流れと雇用の場の創出、若年層の地元定着など定住、交流人口の増加を図り、地域活力の維持発展に資するものであります。   ...

会津若松市チャレンジ企業応援補助金について

中小・小規模企業の自主的な取組を促進するため、新規事業についての支援を行います。 会津若松市チャレンジ企業応援補助金とは  この補助金は、1年以上の営業実績のある、市内の中小・小規模企業者の新たな事業へのチャレンジを支援するためのものです。  利用するためには、補助金を活用して実施する事業について、「会津若松市チャレンジ事業」の認定を受ける必要があります。 ...

「まんてん会津」マッチング情報をお知らせします【会津地域経済循環推進協議会】

SNSを活用したマッチング事例を紹介します  会津地域経済循環推進協議会では、生産者や加工業者、飲食店、小売店などの皆さんとのマッチングを促すために、インスタグラムやフェイスブックを活用した「まんてん会津」プロモーション事業を展開し、会津地域の食材や加工品などの情報を発信しています。この取り組みでマッチングした事例を紹介します。   ヒメマスの山椒煮(会津居酒屋...

農業制度資金について

農業制度資金  国または地方公共団体が、民間金融機関の融資に対して利子補給を行うことなどにより、農業者等に低利で資金を融通する制度です。     会津若松市農業経営資金利子補給事業 ...

農地中間管理事業について

 平成26年度から国の新たな施策として農地中間管理事業が発足しました。  農地中間管理機構を活用して農地を借り受け、規模拡大を図りたいとお考えの方、また、農地の維持管理が難しくなってきた等の理由で農地を貸したい方は、農政課までお問い合わせください。 ⇒農地中間管理機構ホームページ   (1)事業目的 ...

会津若松市中小企業・小規模企業未来会議

本市では、平成31年3月に中小企業振興条例を改正し、同年4月から中小企業及び小規模企業振興条例を施行しました。 中小企業及び小規模企業振興条例については、 こちら   これに伴い、本市の中小・小規模企業の振興を図っていくに当たり、関係者が一堂に会して協議する場として、中小企業・小規模企業未来会議を開催しています。 概要 構成メンバーとその役割 ...

人・農地プランについて

  人・農地プランとは、その名のとおり、集落や地域の「人」と「農地」の問題を解決するための「将来の設計図」です。   高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、農業の展望が描けない集落が増えていることから、集落における農業を持続的に維持・発展させていくために、課題や将来像を共有するために作成するものです。課題を抱える全国の地域で、プラン作成が進められています。   ...

令和3年度の会津若松米粉ネット イベント・活動紹介

第7回(令和3年度)米粉料理コンテスト  会津若松市産の米粉を使って、オリジナルの米粉料理を作ってみませんか?みなさんのアイデア料理をお待ちしています! 第7回米粉料理コンテストチラシ  応募資格 プロ・アマ問わず、どなたでも応募できます。ただし、 令和3年10月30日(土) の試食審査会に参加できる方。 ...

売上が減少した中小事業者に対する一時金(福島県版一時金第3弾)について

 福島県では、まん延防止等重点措置等に伴う飲食店への営業時間短縮要請や県民に対する不要不急の外出自粛により影響を受け、売上が減少した中小事業者を支援するため、一時金が交付されます。  詳細については福島県ホームページをご覧ください。 売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金第3弾) (福島県ホームページ) 福島県版一時金第3弾概要(440KB) ...

会津若松で創業・起業してみませんか

1 経過  本市では、平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づき、地域の創業支援等事業者との連携のもと、 相談窓口の対応、創業塾・セミナー、相談会などを行う「会津若松市創業支援等事業計画」を策定し、国から認定を受けました。 本計画に基づき創業支援等事業者と連携を図りながら、創業を目指す方々へのサポートに努めていくこととしています。  ...