記事カテゴリ

記事カテゴリ 健康づくり のコンテンツ。

介護予防教室に参加してみませんか

いきいきわくわく介護予防教室     市では、いつまでも元気にいきいきと暮らしていくために、手軽にできる体操やストレッチ、脳と体のトレーニング、食生活や口腔内のケアについての話などを楽しく行う、介護予防教室を開催しています。   対象  おおむね65歳以上で15分程度の運動ができる要支援・要介護・事業対象者の認定を受けていない方 日時・場所 ...

たばこと健康

   喫煙は、ご自身の健康を害するだけでなく、大切な家族や周囲の人の健康にも影響を及ぼします。   たばこについて、考えてみませんか。 たばこについて 禁煙にチャレンジ 受動喫煙 改正された健康増進法について 世界禁煙デー 「イエローグリーンリボン運動」をご存知ですか ...

健康づくりのための身体活動量のめやす

運動不足は、日本人の死亡に関連する危険因子の第3位です 日本人の死亡に関連する危険因子について、運動不足は、「喫煙」、「高血圧」に次ぐ第3位です。 身体活動量が多い人は、低い人に比べて、生活習慣病の発症や死亡リスクが低いと言われており、身体活動の種類によらず、日頃からよく動くことが健康のために大切です。   ...

歩いて健康を目指しましょう!

歩行・身体活動の実態  みなさんは、1日どれくらいの歩数・時間を歩いているか意識していますか。    厚生労働省の「国民健康・栄養調査(令和元年)」の結果では、日本人の1日あたりの平均歩数は成人男性が「6,793歩」、成人女性が「5,832歩」となっています。平成15年の統計では、男性が7,503歩、女性が6,762歩だったので、500歩以上も減っています。 ...

知っておきたい!お酒と健康

1日の適量は、純アルコール量で男性は約20g、女性は約10gまでです  お酒は適量であれば、血行促進やリラックス効果があります。しかし飲みすぎは、肝臓や全身にさまざまな影響を及ぼします。お酒で心身の健康を損なわないために、上手にお付き合いしましょう。 純アルコール量20g(お酒の1単位)の目安 酒種 ビール 日本酒 ...

健康づくりプロジェクト「會津LEAD」

 第二次健康わかまつ21計画の基本方針である「生活習慣病の発症予防と重症化予防」、「より良い生活習慣の獲得」を推進するために、市民の皆様一人ひとりが自ら健康に関心を持ち、健康づくりに取り組むことが必要です。そこで、市民の皆様の生活習慣病に対する意識の向上と生活習慣の改善を推進し、成人の肥満者の減少を図るために、健康づくりプロジェクト「會津LEAD」を立ち上げました。 ...

【會津LEAD】自分の健康を記録しましょう

体重や体脂肪率・血圧などの、自分で健康管理ができる項目は、毎日測る習慣をつけましょう。 そして、それらを記録することで普段の状態を知り、数値の変化とともに、背景にある生活をつなげて考えることができます。 まずは、測定し、記録することから始めましょう。 ...

あなたの血圧は大丈夫ですか?

血圧とは  血圧とは、心臓から全身に送り出された血液が血管の壁を押すときの圧力です。よく、血圧の「上」や「下」という言い方をしますが、「上」は心臓が収縮して血液を全身に送り出すときの圧で収縮期血圧といい、「下」は心臓が拡張した時で拡張期血圧といいます。 ...

会津若松市の肥満の状況をご存知ですか?

肥満とは 食事によって摂取したエネルギーが、日常生活の中で使われるエネルギーを上回ると、余ったエネルギーが内臓脂肪として蓄積されてしまいます。内臓脂肪が過剰に蓄積した状態が「 肥満 」です。肥満の判定には、BMIや腹囲が用いられています。   BMIとは BMI(Body Mass...

減塩に取り組んで血管を守りましょう

 日本人の食事摂取基準2020年度版では、食塩の摂取基準量が男性7.5グラム未満・女性6.5グラム未満となっており、2015年度版よりそれぞれ0.5グラム下がっています。しかし、実際の福島県民の食塩摂取量(平成28年度国民健康・栄養調査より)は、男性11.9グラム・女性9.9グラムと基準量より多いだけでなく、福島県民は全国で2番目に食塩をとっています。  ...

糖尿病をご存知ですか

糖尿病ってどんな病気?  メディアでもよくとりあげられており、生活習慣病のひとつである「糖尿病」ですが、どのような病気かご存じですか。    糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリン※というホルモンの不足や作用低下によって血糖値の上昇を抑える働き(耐糖能)が低下し、高血糖が慢性的に続く代謝疾患群です。 ...

スマートフォンアプリで自分の歩行について知ろう

身近に自分の体と向き合える スマートフォンには、自分の身体状況に関する機能が内蔵されているものがあることを皆さんはご存知でしたか。ご自身が使用しているスマートフォンやアプリにその機能があったら、健康づくりに活用してみませんか。   自分の歩行について知ろう みなさんは、自分の1日の歩数や歩幅、歩行速度を計測したことはありますか。   ...

メタボリックシンドロームを解消しましょう

「メタボリックシンドローム」とは?  メディアなどで、連日耳にする「メタボ」・・・。メタボは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の略語です。メタボの説明の際に、ポッコリ出たおなかに手をあてたスーツ姿の男性のイラストをよく目にしますが、実は単にお腹が出ているだけではメタボとは言いません。では、「メタボ」とはどういった状態を指すのでしょうか。   ...

【會津LEAD】あいづ総合体育館に健康サインを設置しました!

令和3年6月に、あいづ総合体育館に、會津LEADの健康サインを設置しました。 施設を利用されるときはもちろんですが、応援やお近くに行かれた際にも、ぜひ健康づくりにご活用ください! 階段メッセージ 各階段に、いろんな健康メッセージを掲示しました。 これらがどこにあるか探してみてください。お気に入りはありましたか? ...

會津LEAD「健康づくり対抗プロジェクト」実施中!!

 本市の健康課題のひとつである 「肥満」が引き起こす生活習慣病の予防と解消を目的 として、市民一人ひとりが自分の健康に関心を持ち、主体的に健康づくりに継続的に取組む実践の場となるために、 健康づくり対抗プロジェクトを実施しています !!   會津LEAD「健康づくり対抗プロジェクト」について 参加者の測定会について ...

令和3年度 会津若松市健康まつりは中止いたします。

 健康まつりは、市民の皆さんが日常生活の中で積極的に自らの健康づくりに取り組むきっかけとなるよう、健康なまちづくりの推進を目的として、毎年開催してまいりましたが、昨年に引き続き今年度も新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、誠に残念ではございますが開催を中止することといたしました。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。 ...

お口の健康づくり

  おいしく食事をしたり、会話を楽しむには、歯と口の健康がとても大切です。歯を失う原因となるむし歯や歯周病を予防し、お口の健康を守りましょう。   むし歯の予防 どのようにして、むし歯になるのか  口の中にいる「細菌」が、私たちが食べたり飲んだりする「糖分」を餌にして作り出した「酸」によって、歯が溶けてしまった状態がむし歯です。 ...

熱中症にご注意ください

熱中症にご注意ください  連日暑い日が続き、熱中症が警戒されています。令和2年の夏に熱中症で救急搬送された方は、全国で約65,000人にのぼりました。熱中症は屋外で発症するイメージがありますが、約4割の方は自宅で発症しています。そして、昼間だけではなく、夜寝ている間に発症する方も多いので、注意が必要です。  ...

《會津LEAD》自分に合った食事量を知りましょう

 みなさんのからだは、自分が食べたり飲んだりしたもので作られています。 そのため、栄養の偏りが続くと体調不良や血液状態への影響を引き起こしやすくなります。 また、食べすぎやエネルギーのある飲み物の取りすぎが続けば体重の増加に、逆に栄養状態が不足していると体重の減少が見られます。  肥満は、生活習慣病を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞にもつながりやすくなるため、改善が必要です。...