• 特集 [特集]2021.03.01

    介護デジタルハッカソンin会津2020 最終審査会を開催いたします


    開催概要

    日時:2021/3/7(日) 13:00-16:30 ※オンライン開催
    会場:ZOOM
    目的:3ヶ月間の課題調査・ヒアリング・デモ作成を踏まえ、チームで考えた最終的なソリューション案およびデモンストレーションを発表し、審査員が評価を行う。

    内容:

    1. 学生による発表
    2. 審査員によるフィードバック、質疑応答
    3. 授賞式

     

    審査員(予定)

    お名前(敬称略)

    所属等

    小林しのぶ

    一般社団法人fukucier 代表理事

    福井洋志

    アクセンチュア株式会社 アソシエイト・ディレクター

    前田諭志

    株式会社デザイニウム 代表取締役

    宮森健一朗

    会津若松市役所 高齢福祉課 課長

    榎森智絵

    竹田綜合病院 若松第2地域包括支援センター 室長

    三好眞夫

    株式会社アイザック 代表取締役社長

    藤井靖史

    会津大学 客員准教授

     

    各チームが取り組んでいる課題とソリューションの概要

     

    課題

    ソリューション

    チーム1

    コロナ禍でも一人でも、集団でも楽しめるレクリエーションの不足

    バーチャル空間内で体を動かし、体が不自由な方でも童心に戻って駆け回ることができるVRアプリ

    チーム3

    認知症予防だけでなく、認知症の早期発見・機能維持につながるサービスの不足

    認知症の早期発見・予防を目的とし、高齢の単身者が使用可能なヘルスケア・脳トレアプリ

    チーム4

    在宅下で、仕事・家事・育児・介護による精神的な負荷の増加

    在宅高齢者の①食事の満足度向上②栄養管理③安否確認 を実現するサブスクリプション型の配食サービス

    チーム5

    高齢者が高齢者を介護する老老介護問題

    老老介護の介護者かつ軽度の認知症持ちの高齢者を対象に、複数のチャットボットサービス

    チーム6

    ・在宅介護の需要増加
    ・潜在的介護福祉士の増加

    介護予防・生活サポートサービス充実のAlexaを使った介護マッチングサービス

    チーム7

    ・在宅高齢者の栄養管理
    ・フレイル予防

    配食サービス利用中の高齢者を対象に、食事の画像から接種栄養素を計測し、不足栄養素の可視化するモバイルアプリ

     

    主催

    一般社団法人 スマートシティ会津

     

    ※表示順は順不同

    共催・後援・協力(候補)

    <介護福祉の勉強会を実施して頂ける事業者>一般社団法人 Fukucier
    <学生への告知をお願いする教育機関>会津大学、会津大学短期大学部、竹田看護専門学校、仁愛高等学校、仁愛看護福祉専門学校、郡山女子大学、福島大学
    <介護に先進的なICT技術を活用している事業者>AIZUK
    <学生に対するICT技術支援に協力いただく事業者>アクセンチュア株式会社、株式会社デザイニウム など
    <運営支援・学生に対するメンターをお願いする団体>NPO法人 STEM Leaders
    <行政機関>会津若松市、福島県など

     

    facebookやGoogleのID等で会津若松+にログインできるようになりました!

    次の記事は
    こちら▶︎
    一覧アイコン記事一覧
マッシュくん

さん,こんにちは!
私マッシュがおすすめの記事を紹介するよ!
チェックしてみてね!