記事カテゴリ

還付金等詐欺にご注意ください

 福島県内において、高齢者が被害者となる医療費の還付を名目とした還付金等詐欺が発生しました。
 その内容は、高齢者宅に市職員を名乗る男から「医療費を払い過ぎているので払い戻す」との電話があり、携帯電話とキャッシュカードを持ってATMへ行き、指定された口座に振り込んでしまったものです。

「還付金等詐欺」の被害にあわないために

  • 保険料の還付や高額療養費の支給等のため、被保険者に電話だけで連絡することは絶対ありません。
  • 保険料の還付や高額療養費の支給等のため、金融機関の現金自動預け払い機(ATM)の操作を求めることは絶対ありません。
  • 保険料の納付のため、金融機関の口座を指定して振込みを求めることは絶対ありません。

電話などで「還付金があります」等の連絡があったら

  • そ:相談する(振り込む前に警察へ相談する)
  • れ:連絡する(振り込む前に家族へ連絡する)
  • う:うのみにしない(電話の相手の話をうのみにしない)
  • そ:送金しない(エクスパックや宅配便で送金しない)
  • か:確認する(名乗った本人・役所などへ確認する)
  • も:もう一度確認する(振り込む前にもう一度確認する)


不審な電話や訪問があった際は、国保年金課又は広域連合へお問い合わせください。

お問い合わせ

会津若松市役所 国保年金課 医療給付グループ

 

福島県後期高齢者医療広域連合

  • 電話:024-528-9025