• トピックス
  • フォト
    アルバム
  • 文書
  • カレンダー
  • 基本情報
  • 絞り込み

2019/06/20
「子供の思考に寄り添った授業!」
 明日は、本校で指導助言の先生方をお招き、授業力のさらなる向上を目指して授業研究会が開催されます。
 実際に児童に対して授業をする前に、先生方を相手に練習として授業をしてみました。
 模擬授業をすることにより、子供の思考に寄り添った授業の進め方について再認識することができました。
2019/06/20
修学旅行出発
今日から6年生が仙台・松島方面へ修学旅行です。みんな笑顔で元気にバスに乗り込み出発していきました。どんな2日間になるのか、楽しみですね。思い出をたくさん作ってきてください。
2019/06/19
「この新聞の投書は、どんな構成で書かれているか?」
 6年国語科「新聞の投書を読んで考えよう」の学習です。本時は、新聞の投書を読みくらべ、どんな構成で書かれているか考えているようです。
2019/06/19
「メロスは、何を思って走ったのでしょうか?」
 このほど、東京の武蔵野市の「劇団め組」の皆さんによる「走れメロス」が上演され、4年生から6年生までが鑑賞しました。
 劇団の皆さんは、1年生から3年生への「泣いた赤鬼」上演終了から約30分しかない間に舞台である体育館ステージの模様替えまで行っていました。

 さて、「走れメロス」のあらすじは、次のとおりです。
 メロスは正義感に満ちあふれた青年で、妹の結婚式が間近に迫っていた。ディオニス王は人間不信で、次々に人を殺していた。メロスは人を信じられないディオニス王を責めたて、ディオニス王に処刑されそうになる。しかし、メロスは妹の結婚式には出たいと、友人のセリヌンティウスを人質に差し出す。メロスは3日後の日没までに必ず戻ると約束し、妹が待つ村に走っていった。妹の結婚式を無事に終え、3日目の朝、メロスは町に向かって走り出した。メロスは道中ではさまざまな困難に巻き込まれ、一度はセリヌンティウスを見捨てようかと考えてしまう。しかし、それでもメロスは走り続け、時間ギリギリに処刑場にたどり着いた。メロスとセリヌンティウスは、お互いに一度だけ友を信じなかったことを素直に告白した。メロスとセリヌンティウスは互いの罪を許し、殴り合った。それを見ていたディオニス王は改心し、町の群衆からは大きな歓声が沸き起こった。
 
 鑑賞する前に子供たちに問題を一つ出しました。「メロスは、何を思って走ったのでしょうか?」です。
 
 鑑賞後、5年生に聞いてみたら、「友だちを救うためです。」って言っていました。6年生のなかには、「私は、なんだか、もっと恐ろしく大きなもののためにはしているのだ。」という言葉に注目し、「親友との約束を守るため、友情と信頼というものが本当にあることを証明するため。」ということまで考えている児童がいました。
 さすが、「城北っ子!」
2019/06/19
「赤鬼は、何を思って泣いたのでしょうか?」
 このほど、東京の武蔵野市の「劇団め組」の皆さんによる「泣いた赤鬼」が上演され、1年生から3年生までが鑑賞しました。
 劇団の皆さんは、朝6時過ぎから体育館で会場のセッティングをしながらのウォーミングアップと発声練習でした。ものすごいバイタリティーで感心しました。
 
 さて、「泣いた赤鬼」は、知っている子も多い物語です。赤鬼は,人間たちの仲間になって仲良く暮らしたいと思いますが,人間は赤鬼の事を恐れて,逃げてしまいます。それを見ていた青鬼が自分が犠牲になる事で,赤鬼を人間に信用させようとします。
 最後に青鬼が赤鬼に宛てた手紙が,心を打ちます。それと同時に,みんなと仲良くなりたいだけなのに,何故こんな代償を払わなければならないのか?その疑問を,子供の頃強く感じたのではないかと思います。
 
 鑑賞する前に子供たちに問題を一つ出しました。「赤鬼は、何を思って泣いたのでしょうか?」です。
 鑑賞後、2年生に聞いてみたら、「友だちをなくしたことです。」って言っていました。3年生は、「自分のことを一番思ってくれていた友だちは青鬼君だったのに、大事にしなかったから。」って言っていました。
 さすが、「城北っ子!」
2019/06/19
全会津中体連水泳大会1日目頑張りました。
全会津中体連水泳大会1日目が終了しました。雨や雷が心配されましたが、支障なく競技が進み、一中生は競技も応援も素晴らしい活躍でした。本日1日目の主な結果としては、下記のとおりです。明日も、今までの練習の成果を存分に発揮して、自己記録更新と県大会への出場権を目指しておもいっきり泳いで欲しいと思います。
【一日目の主な結果】
〇男子50m自由形:4位金田君(3年)、
 6位渡部君(3年)、8位菅原君(2年)
〇男子200m平泳ぎ:1位岡西君(3年)
〇男子200m背泳ぎ:1位渡邉君(1年)
〇男子200m自由形:3位大島君(3年)、
 4位鈴木君(3年)
〇男子400mメドレーリレー:2位
〇女子50m自由形:1位渡辺さん(2年)、
 2位松木さん(2年)、3位真壁さん(3年)
〇女子200m平泳ぎ:3位兼子さん(3年)、
 4位木村さん(1年)、5位渡邉さん(2年)
〇女子200m背泳ぎ:1位清水さん(3年)、
 5位一ノ瀬さん(3年)
〇女子200m自由形:3位樋口さん(3年)
〇女子400mメドレーリレー:1位
2019/06/19
「フランスパンの外側はパリパリ!?」
 本日の給食の献立は、「フランスパン・レーズンクリーム・牛乳・ミネストローネ・手作りポテトグラタン・オレンジ」で、687㎉です。
 今日は「フランスパン」のお話をしましょう。小麦粉、塩、水、イーストのみで作られるフランスのパリ生まれのパンです。さとうを使わないため外側の皮はパリパリかたく(山田く~ん、座布団1枚)、中はしっとりのパンです。日本には明治時代の初めごろ作り方が伝わりました。しかし、日本では「もちもちした食感」のパンが好まれるため、粘り気の強い小麦粉を使用することで、外側の皮がやわらかく中身はかみごたえのあるパン(ソフトフランス)になって売られているものもあります。
 今日は、新潟での宿泊学習を経験して、一段と頼もしくなってきた5年生の給食の様子を紹介しましょう。
2019/06/19
「しんぶんしとなかよし!」(2年図工)
 2年図画工作科の授業では、「新聞紙の特徴や質感を体全体で味わい、新聞紙を並べたり丸めたり、ねじったりすることから思いついた形をつくることができる。」というめあてで、子どもたちは思い思いに楽しく創作活動を行いました。
2019/06/19
ひとみっ子、大活躍!(No.96)
 ひとみっ子達の活躍を全校に披露する表彰集会が行われました。陸上や作文、絵画等様々な分野で活躍したひとみっ子達の表彰です。校長先生より一人一人に賞状が手渡されました。これからも、自分の得意分野での活躍を期待しています。
 集会の最後に、PTAの広報紙の表彰もありました。一箕小学校の広報紙『はばたき』は第54回福島県小中学校PTA広報紙コンクールにおいて最優秀賞を受賞しました。今日はPTAを代表して、昨年度のPTA広報委員会委員長の新井田さんと、PTA会長の阿久津さんにご来校いただきました。
 様々な分野での一箕小の活躍、本当にうれしいですね。
2019/06/19
避難の車がやってきた(No.95)
 子ども達の周りには、安全を見守ってくれる人や物、施設がたくさん存在しています。でも、なかなか、気づかない…。今日はその中の一台が校庭にやってきました。子ども避難の家PR車です。「避難の車」は万が一の時に子ども達を守ってくれる、または走っていることにより、事件等を抑止することにもなる車です。「見たことある~」「いつも見る車だぁ~」とひとみっ子達からも声が上がっていました。すぐ身近に安全を見守ってくれている方(車)がいるということはとてもありがたいことです。これらもよろしくお願いいたします。
top

トップへ戻る