• トピックス
  • フォト
    アルバム
  • 文書
  • カレンダー
  • 基本情報
  • 絞り込み

2018/09/12
「西日本豪雨災害支援報告・学習会」3
 公設国際貢献大学校産学連携センター長・専任講師で、西日本豪雨対策・支援本部の責任者であられる公文俊明様より、平成30年7月西日本豪雨災害支援活動の報告をうかがいました。
 まず、公設国際貢献大学校についての紹介されました。国際貢献大学校は、産業界、教育機関及び地方公共団体が協調して国際的な人道支援に関する試験研究並びに人材育成を行うことを目的とする公の研修機関です。
 東日本大震災では、福島県の支援にあたられ、会津若松市では、総合体育館の避難所の運営に協力されました。
 次に被災状況の説明と支援活動の報告を伺いました。映像を駆使してたいへん分かりやすくご説明いただいたので、低学年をはじめ全校生が終始食い入るように見ていました。
 そして、息をのむような被害状況の中で、警察や消防、自衛隊、行政の方々、ボランティア、そして国際貢献大学校の方々が支援活動にあたられている様子を理解することができました。やはり、自然災害にあたっては、自分自身で判断する力が必要であることが実感できました。
top

トップへ戻る